埼玉在住中小企業勤務ダメ人間の思うところ・・・

日頃言いたくても言えないことを吐露します。不愉快に感じる方は読まないでください。

大相撲ファンなら一度は訪れたい富岡八幡宮~後編~

昨日の続きです。富岡八幡宮の大鳥居をくぐってすぐ右手には「大関力士碑」や「強豪関脇力士碑」「巨人力士身長碑」などがありましたが、横綱力士碑」はそこから約2分ほど歩き、富岡八幡宮の本殿(御本社)の右側裏参道にあります。探さなくても普通に歩いていれば簡単に見つかります。

↓ これが「横綱力士碑」。荘厳な雰囲気に圧倒されます

f:id:jh0iam:20190715222002j:plain

↓ 近づいて撮影。高さ3.5メートル。厚さ1メートルの巨大な石碑。御影石ですね。

f:id:jh0iam:20190715222026j:plain

↓ 「横綱力士碑」の裏面には初代・明石志賀之助から45代若乃花幹士までの歴代横綱

f:id:jh0iam:20190715222053j:plain

そして、15代・梅ケ谷藤太郎の左側、碑の左端には横綱ではありませんがあまりにも強かったために例外ですが「無類力士 雷電為右衛門」も顕彰されています。

↓ これです

f:id:jh0iam:20190715230511p:plain

↓ 46代朝潮太郎からは「横綱力士碑」の向かって右側の副碑に刻名

f:id:jh0iam:20190715222121j:plain

↓ 67代武蔵丸光洋からは副碑の裏面に

f:id:jh0iam:20190715222142j:plain

この副碑裏面にあと15人、さらに「横綱力士碑」の向かって左側にも副碑があり、そちらには42人の刻名ができますので、合わせて57人分の刻名ができます。仮に3年に1人の速いペースで横綱昇進力士が続いたとしても、170年は心配いりません。

↓ 「横綱力士碑」の向かって左側の不知火光右衛門(11代横綱)の碑

f:id:jh0iam:20190715222217j:plain

↓ 「横綱力士碑」の向かって左側の陣幕久五郎(12代横綱)の碑

f:id:jh0iam:20190715222243j:plain

この陣幕と不知火の碑が「横綱力士碑」の左右に配置されています。陣幕久五郎はこの「横綱力士碑」建立の発起人。この碑に記されている、安政四年正月場所2日目には、確かに不知火×陣幕の取組があり、陣幕が勝った記録が残っています。

-・・・-

横綱力士碑」の手前、向かって左側には「超五十連勝力士碑」があります。50連勝以上を記録した力士を顕彰する碑ですね。

↓ 正面から

f:id:jh0iam:20190715222917j:plain

↓ 63連勝の谷風、58連勝の初代梅ケ谷、56連勝の太刀山そして・・・

f:id:jh0iam:20190715223850j:plain

↓ 69連勝の双葉山、53連勝の千代の富士が偉大な記録と共に刻名されています

f:id:jh0iam:20190715223908j:plain

すでに63連勝を記録している白鵬ですが、今後引退までに記録を更新しなければ63連勝がここに刻まれますが、向後、63連勝を超える連勝をした場合はその新たな記録をここに刻むことになります。したがって現段階では刻名されていません。

-・・・-

私が高校に通っていた1980年頃までは、「相撲」「大相撲」といった月刊誌や一般の大相撲関連書籍でも、明治~大正期の相撲や力士についての記事を目にすることが多かったのですが、平成以降はそうした出版物が減ったように思います。相撲ファンのみなさまには、是非こうした石碑の数々に触れ、100年前、200年前の相撲に関心を寄せていただく契機としていただきたいと思っております。

大相撲ファンなら一度は訪れたい富岡八幡宮~前編~

昨日は、東京23区唯一の海水浴場である、「葛西海浜公園西なぎさ遊泳ゾーン」に行ってまいりましたが、そこからの帰路途中に、相撲にまつわる数々の石碑があることで知られる、富岡八幡宮(東京都江東区)に行ってきました。

↓ 東京メトロ東西線門前仲町駅から徒歩数分で着きます

f:id:jh0iam:20190714230539j:plain

富岡八幡宮は、貞享元年(1684年)に初めて勧進相撲(神社や仏閣の建築修復の資金を調達するための興行相撲)が行われ、江戸勧進相撲発祥の地として知られています。宝暦~明和~安永~天明~寛政の時代(1750~1790年代)にはここ富岡八幡宮で相撲の本場所が行われ(当時は深川八幡宮と称していた)谷風、小野川、雷電為右衛門といった伝説の強豪力士もここで名勝負を繰り広げていました。

↓ 大鳥居をくぐると、すぐ右手に大関力士碑」が目に飛び込んできます

f:id:jh0iam:20190714230607j:plain

その後ろには歴代の大関力士の一覧を刻んだ石板があります。後に横綱になった力士や、実力を伴わない看板大関は除外されています。

↓ 右の石板は最初の大関、雪見山から明治の強豪大関荒岩亀之助まで

f:id:jh0iam:20190714230639j:plain

↓ 左の石板は大正期の大関駒ケ獄國力からブルガリア出身琴欧州まで

f:id:jh0iam:20190714230648j:plain

↓ 強豪関脇力士碑もありました

f:id:jh0iam:20190714230703j:plain

昭和30年代初頭に建立。その後の追加は無いようで、北の洋が最後。

↓ 巨人力士身長碑

f:id:jh0iam:20190714230717j:plain

↓ 歴史に残る長身力士が、その身長と共に記録されています

f:id:jh0iam:20190714230732j:plain

↓ 昭和以降は出羽ケ獄、白頭山、不動岩の3力士

f:id:jh0iam:20190714230748j:plain

↓ 巨人力士の手形や足跡

f:id:jh0iam:20190714230831j:plain

鳥居をくぐってすぐの場所にあるのは以上の石碑で、「横綱力士碑」や「超五十連勝力士碑」は神社境内の奥にあります。

↓ 「横綱碑」はあちらです・・・との標示まで立派な石碑でできています

f:id:jh0iam:20190714230857j:plain

このような案内板でしたらアクリル板とかベニヤ板でもよさそうですが、このような立派な石碑でできているのには驚きました。

明日はいよいよ境内奥にある、横綱力士碑」「超五十連勝力士碑」を紹介します。

東京23区内唯一の海水浴場に行ってきました・・・

今年4月28日に、東京23区唯一の自然島である「妙見島(みょうけんじま)」(東京都江戸川区東葛西3丁目)に行ってきまして、島の独特な雰囲気を楽しんできましたが、今日は、東京23区唯一の海水浴場である「葛西海浜公園西なぎさ遊泳ゾーン」(東京都江戸川区臨海町6丁目地先)に行ってきました。

↓ 赤丸で囲んだあたりが遊泳ゾーンです

f:id:jh0iam:20190713223906j:plain

この地図は、JR葛西臨海公園駅葛西臨海公園葛西海浜公園の位置関係が見やすいように、上が南、下が北になっています。

JR葛西臨海公園駅を降りまして、葛西臨海公園内を数分歩きます。すると葛西海浜公園への入り口である葛西渚橋が見えてきます

↓ あの橋の向こうに葛西海浜公園西なぎさがあり、23区唯一の海水浴場もあります

f:id:jh0iam:20190713221319j:plain

↓ 貼り紙発見。海水浴は明後日からですね・・・

f:id:jh0iam:20190713221336j:plain

↓ 葛西海浜公園は昨年10月にラムサール条約登録湿地になりました。都内唯一です

f:id:jh0iam:20190713221346j:plain

↓ 葛西渚橋を渡ります。自転車やバイクは手押しであっても入れません

f:id:jh0iam:20190713221357j:plain

↓ 西なぎさに入ってすぐのつき当りでここで見られる「鳥類・魚介類・植物」の説明

f:id:jh0iam:20190713221417j:plain

↓ すぐに23区唯一の海水浴場に到着します

f:id:jh0iam:20190713221426j:plain

↓ 開放は明後日(7月15日)。砂浜に押し寄せる白い波、今日はこれを見に来たんですf:id:jh0iam:20190713221443j:plain

↓ すぐ東側に見える東なぎさ。「野鳥等保護区域立入禁止」の標示が見えます

f:id:jh0iam:20190713221501j:plain

↓ ポケGO画面ではこのように見えています。海を挟んで「東なぎさ」も見えます

f:id:jh0iam:20190713221532p:plain

↓ 野鳥保護区域の上空。夥しい数の野鳥。ラムサール条約登録地だけあります

f:id:jh0iam:20190713221617j:plain

↓ 海水浴場付近に張られてある「アカエイ侵入防止ット」

f:id:jh0iam:20190713221847j:plain

↓ 西なぎさ東側の最南端に行ってみました。「先端」や「境界」は行きたくなります

f:id:jh0iam:20190713221941j:plain

↓ ポケGOだとこんな様子

f:id:jh0iam:20190713222018p:plain

↓ (東なぎさ)野鳥保護区域まで泳いだり簡単なボートで渡る人がいるんだろう・・・

f:id:jh0iam:20190713222059j:plain

↓ 西なぎさの東端から遊泳ゾーンを眺めることができます

f:id:jh0iam:20190713223254j:plain

葛西臨海公園の大観覧車が見えます

↓ ここでは頻繁に航空機を見ることもできます

f:id:jh0iam:20190713223308j:plain

↓ 砂浜の波打ち際。一面ビッシリと貝殻の破片

f:id:jh0iam:20190713223326j:plain

綺麗な砂浜を想像していましたが、貝殻の破片が目立ちます

↓ 開放は明後日だからか今日は人影もまばら。明後日からは大盛況になるのかな

f:id:jh0iam:20190713223345j:plain

東京湾の水質は高度経済成長期である1960年代から急速に悪化し遊泳禁止措置が執られてきましたが、近年になって水質が改善され、4年前の2015年夏に50年ぶりに遊泳が許可されました。近場にあって気軽に行けますので、私も利用してみたいと思います。

戦後のプロ野球・長嶋(巨)と山本浩二(広)だけが達成できた大記録

プロ野球オールスターゲーム第1戦をテレビ観戦していました。金曜日の夜なので仕事のことや会社のことなどを考える必要もなく、リラックスして心ゆくまで試合を楽しめます。

第1戦の結果は6-3で全パリーグが勝ちましたが、このスコアを見た瞬間、45年前の昭和49年、西宮球場で行われたオールスターゲーム第2戦も全く同じ6-3でパリーグが勝ったなぁ・・・・、と思い出しました。

何故45年前のオールスターゲームの結果を記憶しているのかといいますと、この年のオールスターゲーム長嶋茂雄選手が現役最後のオールスターゲームで、その第2戦は長嶋選手が4回オモテに、二塁に田淵(阪神)、一塁に王を置いて、神部(近鉄)の初球を叩いてレフトへ先制3ラン本塁打を放ちましたので、記憶に残っています。この試合、全セリーグが3-0でリードしましたが、その後6点を奪われ、6-3で逆転負けを喫してしまいました。昭和49年といいますと、私は小学校5年生。見たものや聞いたものはなんでも憶えている時期です。昭和40年代末期から昭和50年代前半までのことは憶えようとしなくても自然に憶えていることが多いです。

-・・・-

長嶋選手が引退した際に刊行された雑誌に、昭和49年のオールスターゲームの写真が掲載されていますのでご覧ください。懐かしいですよ・・・(^^)

↓ この2誌は小学校5年当時の私が購入したものです

f:id:jh0iam:20190712222110j:plain

↓ 上 試合前の様子 下 慶大出身山下大輔選手と長嶋選手。どちらも神宮の星

f:id:jh0iam:20190712222130j:plain

↓ 上 試合前のノックの様子 下 全セリーグ記念撮影

f:id:jh0iam:20190712222151j:plain

↓ 第2戦、長嶋選手の先制3ラン直後の西宮球場のスコアボード

f:id:jh0iam:20190712222232j:plain

西宮球場のスコアボードなんですが、5番長嶋選手、6番山本浩二選手が偶然並んでいますが、戦後のプロ野球ではこの2人だけが達成した大記録があります。

それは、入団した年から引退する年まで全ての年に規定打席に到達するという記録です。

↓ 長嶋選手のプロでの年度別成績の一部。打率の順位がすべての年に記されています

f:id:jh0iam:20190712222340j:plain

順位が載っているのは、規定打席に達していることを示します。

-・・・-

入団した年からレギュラーの座を掴み、怪我やスランプでの長期離脱や二軍落ちを経験せず、晩年も極端に成績を落とさず、スタメン落ちすることをファンが許さないくらいの人気があることがこの記録達成の条件かと思います。

この大記録は、王選手でも、イチロー選手でも、張本選手でも、松井選手でも達成できませんでした。1年目から即レギュラーとなる必要がありますので、高卒ルーキーではほぼ無理かと思います。晩年も極端な不振にならずレギュラーの座を保ちながらの引退をすることが条件になります。ただ、長嶋選手の最晩年を直に観ましたが、プレーヤーとしては確かに衰えていましたが、人気は衰えず、世間は長嶋選手を6番以下の下位打線に置くことを許さなかったため、1番打者としてスタメンに名を連ねることが多かったと記憶しています。

戦後、長嶋選手の他には広島の山本浩二選手だけが1年目(昭和44年)から引退の年(昭和61年)まで18年間規定打席を上回っています。

尚、戦前から戦後にかけては、大東京~金星~中日の坪内道典選手が昭和11年から昭和26年まで(昭和20年はプロ野球中断)15年間全ての年に規定打席を上回っています。坪内選手は日本プロ野球史上初の1000試合出場と1000本安打を記録した名選手。1992年に殿堂入りしています。

この記録、本当に凄い記録だと思いますので、もっと脚光を浴びてもいいのではないかといつも思っています。

連続投稿日数199日目。寝てて記録が途切れそうに・・・

今日もみなさまに謝らなければなりません。ここ数日にいただきましたブックマークやコメントに対する返信をまだ差し上げておりません。大変申し訳ありません。今日などは帰宅後、疲労困憊でうっかり寝てしまい、先ほど目が覚めて、慌ててこの記事を書き始めたところなんです(><)

この記事を、日付が変わらないうちに書き終えなければなりません。書き終えたらまた疲れて寝てしまうと思います。50代半ばを過ぎますと、これほどまでに疲れやすくなるものなんですかね~(><)

今週も月曜、火曜、水曜、木曜と働いてきましたので、その蓄積疲労もあり、今もヘロヘロな状態。まぁ、明日1日我慢して出勤すれば3連休ですので、そこでみなさまのブックマークやコメントへの返信をさせていただきたいと思います。なんとかそれでご容赦願います・・・・

それにしてもたくさんのコメントに対して素早く返信を書き込んでいる方は本当にスゴイなぁ・・・といつも感心します。

-・・・-

さて今日は、昨年12月25日から続いている連続日数投稿が明日で200日になることもあり、このダメ人間ブログへのアクセス数などが、1年前と現在とではどのように変わったかを見てみたいと思います。

↓ 1年前の7月のこのブログのアクセス数などのデータです

f:id:jh0iam:20190711215949j:plain

昨年7月は7月25日に投稿を休んでいますが、31日のうち30日は投稿をしていることが分かります。

アクセス数が100以上になった日がわずかに3回、7月16日に339アクセスを記録し、ビックリしたことは覚えています。まだ1日のアクセス数が20台~30台の日も目につきます。

1日のアクセス数の平均値が42程度だったのが、この1か月で47.5くらいにまで増加しました。7月16日の339アクセスが数字を大きく引っ張り上げています。

-・・・-

↓ 現在のアクセス数などのデータです

f:id:jh0iam:20190711220004j:plain

ブログ投稿を開始して昨日で487日。500日まであと2週間です。この表では判りませんが、昨日までの投稿の連続日数が198日。今日が連続199日目です。

アクセス数が3桁に達する日が珍しくなくなりました。1日100人の方にご覧いただけるようになるとは思ってもいませんでしたので、現状でも十分満足しています。

昨年の7月は、1日の平均アクセス数が47.5くらいでしたが、昨日までの数値は92.6です。欲を言えばこの数値が一度でも100に届き、データの上でも「1日100人が訪れるブログ」にしてみたいとは思います。

みなさまからいただく「スター」の数も毎日20個前後、日によっては30個を超えることもあり、一年前に比べて倍増しています。

-・・・-

特に工夫して記事を投稿しているわけでもなく、ただ毎日続けているだけのダメブログなんですが、趣味などの何らかの集会の会場などで自己紹介をする際に「1年以上ブログを書いています・・・」と言えることが最大のメリットかと考えています。

今夜は疲れていたためか、うっかり寝てまして、目が覚めなかったら今日は投稿しない日となるところでした。連続投稿日数の延命を図るために、何とか昨年のデータで誤魔化して記事を書き上げました(^^)

こんなデタラメブログでも毎日訪れてくださる方々には本当にありがたく思います。明日は連続200日目ですので、もう少ししっかりとした記事を書きたいですね・・・。

よし!あと2日勤めれば3連休が待っている\(^o^)/

最初にお詫びを申し上げます。この数日間にこのブログにコメントをお寄せ下さったみなさまへの返信が滞っております。6月以降、勤め先の仕事量が一気に増加し、日中の激務で疲労度、消耗度が高まり、仮眠をとってばかりです。みなさまのコメントはありがたく拝読いたしております。一両日中に返信を書きたいと思っておりますので、どうかお許し願います。

-・・・-

さて、平成から令和に元号が遷り変わるときのゴールデンウィーク10連休が明けてから今週まで、祝祭日が無い週が9週間続きました。しかし、明日(木曜日)と明後日(金曜日)さえ我慢して出勤すれば、3連休が待ってます。\(^o^)/

3連休になったのは、ご存知の通り、7月15日(月曜日)が「海の日」と称する祝日だからなんです。「海の日」が祝日となったのは平成8年(1996年)と、比較的歴史が浅いですし、8月11日の山の日に至ってはまだ制定されたばかりの祝日で、平成28年(2016年)から始まったばかりです。

と、言うことは、平成7年(1995年)以前は「海の日」も「山の日」も祝日ではありませんので、5月5日の「こどもの日」から9月中旬の「敬老の日」まで4か月以上もの長い間祝祭日が無かったことになります。

ただ、児童・生徒・学生には夏休みがありますし、勤め人でも盆休みがある場合が多いので、こどもの日から敬老の日まで週末以外全く休めない人はそれほど多くなかったように思います。

-・・・-

ここで、海の日と山の日に関係するトリビアです。

「海の日」は祝日として制定された当初は、7月20日でした。ところが平成15年(2006年)からハッピーマンデー制度により、7月の第3月曜日に変更となります。それにより、「海の日」は7月15日から7月21日のいずれかにならなければならないのですが、来年(2020年)だけは、東京五輪パラリンピック特別措置法により、「海の日」を7月23日(第4木曜日)にすることになっています。この7月23日は東京オリンピックの開会式前日にあたります。

また、8月11日に固定されているはずの「山の日」も、東京五輪パラリンピック特別措置法により、令和2年(2020年)だけは8月10日(月曜日)に変更されます。この8月10日は、東京五輪の閉会式の翌日に当たります。

 

解りやすくしますと、来年の「海の日」

7月20日(第3月曜日)ではなく 7月23日(木曜日)です。

 

また、来年の「山の日」

8月11日ではなく 8月10日(月曜日)です。

 

まぁ、いずれにしても、今週末の3連休が楽しみです。「海の日」ですので、天候次第ですが、東京23区内唯一の海水浴場である、葛西海浜公園海水浴場にでも行ってこようかと思います。\(^o^)/

今日から始めるキャッチアップリサーチ・・・・

今日の標題、ポケモンGOをやっていない方には何のことか解らないと思います。「キャッチアップリサーチ」ポケモンGOの3周年を祝して行われるスペシャルタスク。6ステップ、18のすべてのタスクを完遂しますと、10万XPの報酬が得られるほか、途上のタスクをクリアするごとにポケモンGOを愉しむ上で役立つ道具(しあわせたまごなど)が手に入ります。

このキャッチアップリサーチ、6月29日早朝から始まっていたようで、アクティブに活躍している方でしたらすでにすべてのタスクを達成し、キャッチアップリサーチは終わらせていると思います。

-・・・-

ところが私は5月末ころから、毎日のように報じられる高齢者の自動車事故や凶悪殺人事件に影響を受けて、自動車のハンドルを握るのを極力避けるようになったり、外出をできるかぎり避けるようになってしまい、その結果ポケモンGOから遠のいてしまいました。

「強迫性神経症」を患う私は、連続して起こった高齢者の交通事故や、凄惨な殺人事件の報道に触れ、自分も大きな交通事故に巻き込まれるのではないか、交通事故の加害者や被害者になってしまうのではないか、あるいは、外出をして歩行中に突然刺されるのではないか・・・、との不安に襲われ、ほとんど外出ができませんでした。

繊細過ぎるほど繊細な神経を持つためか、こうした外的要因からまともに影響を受けやすいんです。外見からはそのような様子は見えないと思いますが、豆腐のように脆いメンタルです。

そのため、この40日余りポケモンGOを休んでいました。休んでいたと言いましても、自宅周辺で最低限の活動は維持していまして、1万XPに届かなかった日はありませんし、50コインは毎日着実にゲットしていました。ところがこのキャッチアップリサーチの最初のステップから「トレーナー1人とフレンドになる」というタスクがあり、これは自分だけではどうにもクリアできません。

-・・・-

自動車事故や殺害事件の不安や恐怖が徐々に薄らいできた今日、約40日ぶりにポケモンGOの常連が集う場に行ってみました。約10人の仲間に40日ぶりに再会しますので、叱られたりからかわれたりするのではないかと思っていたのですが、自然に受け入れていただき本当に嬉しく感じた次第です。レベル5の伝説レイドバトル(グラードン)が随分久しぶりにできましたし、ポケモン交換でキラフレンドの一人からこれまで持っていなかった紫色のカイオーガを譲っていただきました。これは嬉しい。

↓ 初めての紫色カイオーガ。ウレシイ復活記念プレゼント

f:id:jh0iam:20190709233106p:plain

また、常連の方々の中にも、「フレンドになるタスク」が出ることを予想し、フレンドになるのをあえて保留していた方がいましたので、今夜満を持してフレンド登録していただきました。これで「キャッチアップリサーチ」のステップ1をようやくクリアできました。

↓ 「キャッチアップリサーチ」おかさまでステップ2に進みました。

f:id:jh0iam:20190709233544p:plain

40日間ポケモンGOを最小限しかやらなかったため、明らかに運動不足になり4キロも体重を増やしてしまいました。明日からは少なくとも週3回はポケモンGOに参加し、体重を5キロ落としたいと思います。

40日に及ぶ長期離脱にもかかわらず、そんなことが無かったかのように自然に接してくれた常連の方々、「やりたいときにやり、休みたいときには休めばいい」と語りかけて下さった方もいました。平静を装いながらグラードンを倒していましたが、その暖かいお気持ちに胸をふるわせておりました。(^^)

さまざまな理由や背景があり、気分よく月曜日を迎えました

標題の通りです。普段は月曜日の朝を迎えますと最悪の気分になりますが、今朝は比較的気分よく月曜の朝を迎えることができました。

理由は3つあります。

 

一つ目は、昨日(日曜日)購入した高橋順子さんの著作「夫・車谷長吉」が期待通りの好著で、読後に通常得られないような充実感を得たため。

 

二つ目は、次の週末にはゴールデンウィーク以来の「3日以上の連休」が待っていること。関連して来週は労働日が4日しかないウレシイ1週間になるため。

 

三つ目は、一昨日、昨日とこのダメ人間ブログにブックマークを合わせて6つもつけていただいたことが挙げられます。

 

このダメ人間ブログへのブックマークは、先週金曜日までの統計ですと、482回の投稿に対しブックマークは101回。つまり5回投稿しますと1回ブックマークがつく程度なんです。それがこの土曜日と日曜日の両日だけで合わせて6つのブックマークがありました。これは通常の14倍ですので、これは嬉しいです。

日頃、アクセス数やスターの数にはこだわらないことにしていますが、まとまった数のブックマークは嬉しいものです。

コメント付きのブックマークに対しては、すぐに返答したいと思っていますが、コメントへの返答を咄嗟に書く瞬発力が劣っていますので、時間を要しています。それに複数の方がブックマークされた場合、2人目以降の方にどのように返答すればよいのかが判らなくて、その方のブログに勝手にコメントを書いています。これってマナーに反する反することなのか少々心配しています。

また、つけていただいたブックマークを調べていましたら、6月15日にコメントをいただいていたにもかかわらず気づいていなかったことが今日になって判りましたので、今さら遅いかもしれませんが、その方にはこれから返答を書こうと思っています。

-・・・-

名著と3連休とブックマークの相乗効果で気分が盛り上がり、大嫌いな筈の月曜日の朝をルンルン気分で迎えることができました。みなさまに改めて御礼を申し上げたいと思います。

読書に浸り充実感のある日曜日になりました・・・

毎週日曜日の朝は比較的遅く目覚めることが多く、今朝も8時半に起床しました。NHKラジオ第2放送にダイアルを合わせますと、「宗教の時間」という番組。今日は直木賞作家・車谷長吉と歩いた四国お遍路」というテーマで、車谷長吉さんの妻で詩人の高橋順子さんのトークが始まりました。

-・・・-

車谷長吉(くるまたに ちょうき)さんは、平成10年(1998年)に赤目四十八瀧心中未遂」で第119回直木賞を受賞しましたが、強迫神経症を患い奇行を繰り返すようになります。2015年5月、69才で永訣。番組ではそんな車谷さんを妻として見守った高橋さんが、24年にも及ぶ夫婦生活や、夫婦にとって最も幸福な時間となった四国88か所巡礼の旅についてを語るのですが、高橋順子さんの一言一言が、私の耳から脳にポンッと伝わるのではなく、耳から脳に伝わると同時に、魂にまでジワジワ~と染みわたっていくような感情を抱かせる本当に素晴らしい番組。30分間引き寄せられるように聴き入ってしまいまいた。この感覚は久し振りです。

車谷長吉さんが著名な私小説作家であることと併せて、強迫神経症を患っていることを以前から知っていましたが、実は私も軽度の強迫神経症であると自身で感じていますので、「車谷さんとは多少は共通する部分があるのかな・・・」などと考えていました。それだけに今朝の「宗教の時間」でたまたま車谷長吉さんが取り上げられていて、本当に驚いてしまいました。

-・・・-

ちなみに私の強迫神経症なんですが、特に「加害恐怖」「保存強迫」に特徴があり、前者は、自動車運転中に不注意から他人に危害を加えてしまうのではないかと心配するあまり自動車の運転を極力避ける傾向が見られ。また、後者はモノを捨てることに対する抵抗感が強く、新聞や雑誌、書籍などなんでも保存しておき部屋がいっぱいになっています。

逆に、不潔恐怖(いわゆる潔癖症)は平気で、外出から帰宅して手も洗わずに饅頭を手掴みで食べても、「あー、やっちゃったか・・・」と思う程度で済みます。

-・・・-

さて、私の極めて軽度の強迫神経症などに比べ、車谷さんのそれはかなり大変で、妻の高橋順子さんは車谷さんとの結婚生活は波乱万丈。24年に及ぶ夫婦生活の思い出の数々が日曜日の朝のラジオから30分間流されたのですが、休日の朝に相応しい良い番組でした。

また、このような番組では原典が紹介されます。文芸春秋刊「夫・車谷長吉」高橋順子著 がこの番組の原典です。

↓ これです 今日早速買い求めてきました

f:id:jh0iam:20190707224214j:plain

↓ 目次はこちら

f:id:jh0iam:20190707224227j:plain

日曜日ですので、午前中はNHKテレビの将棋番組を2時間視聴し、午後すぐに書店に向かいこの書を手に入れてきました。

午後は「夫・車谷長吉」をゆっくりと読み進めます。原典も素晴らしく、ところどころでため息が漏れ、油断すると目から塩からい液体が零れ落ちそうになります。

前述のように、私も一般の方々に比べてやや変わったところがあったり、軽度の強迫神経症であったりして、職場では孤立して家族に心配をかけていますが、それでもこれまで26年以上も支えてくれた妻には感謝しなければならないと感じました。この書では配偶者は「この世のみちづれ」なんです。

-・・・-

NHKラジオ第2放送で、今朝の 宗教の時間「直木賞作家・車谷長吉と歩いた四国お遍路」の再放送があります。

 

 7月14日(日曜日)

 午後6時30分から30分間です。

文学に関心のある方はお聴きになることをオススメします。「宗教」と名がつきますが、NHKで放送している番組ですので、宗教中立性は担保されています。

最もやってはいけない休日の過ごし方・・・(><)

この2週間ほど土曜日になりますと雨が降り出して、外出を取り止めることが多くなっています。

今日、7月6日は野球観戦を予定していました。東京大学×京都大学の定期戦なんですが、何年か振りに観戦しようと数か月前から楽しみにしていました。この定期戦は我が国で最も入学難易度が高い両校による対戦であるだけでなく、早慶戦が爆発的人気を誇るようになる以前の明治期に発足した、言わば日本野球の原点ともいえる「一高対三高」の流れをくむ対戦です。

「(旧)一高×(旧)三高」といった伝統の対戦カードが蘇るのが、現在の「東大×京大」ですので、日本の野球史に興味がある方でしたら一度は観ておきたい対戦カードです。

-・・・-

ある意味、早慶戦以上の歴史と伝統を誇る「東大×京大定期戦」を楽しみにし、今朝、目を覚ましたのですが、辺り一面どんより曇り空。すぐにYahooの天気予報を確認してみましたら、東京は雨の予想。しかも1時間に7ミリの雨と具体的な予報までなされていましたので、「間違いなく雨が降り、試合は中止になる!」と判断し、出掛ける準備もしませんでした。

ところが、なかなか雨は降らず、「東大×京大」定期戦は予定通り(予定よりは50分早く開始したようです)行われまして、7-6で東大が接戦を制しました。東大野球部は創部100周年の伝統の一戦を白星で飾ることができました。

天気予報を鵜呑みにして勝手に試合は中止と判断したため、伝統の一戦、しかも1点を争う好ゲームを観る機会を自ら潰してしまいました。今も後悔しています・・・。

-・・・-

予定していた野球観戦に出掛けなかった今日、一体何をしていたかと申しますと、実はお昼寝三昧でした。外出しないのであれば、部屋の片づけやTOEIC、貸金業務国試の勉強、将棋の練習、アマチュア無線局の変更申請、危険物取扱者や消防設備士免状の書き換え申請などなど、やることはいくらでもあるのですが、ついつい一日中横になってゴロゴロダラダラと無為に過ごしてしまいました。

確かに、先週(7月1日から7月5日まで)は6月末の第一四半期の締めの作業が極めて多端で、心身ともに疲弊していましたが、今日の過ごし方は最もやってはいけない休日の過ごし方だと感じます。昼寝と仮眠の間に休憩を挟んでいたら、一日が終わってしまった・・・。はぁ・・・情けないです。

あと4年で還暦を迎える自分には、残された時間は多くない・・・とか言っておきながら、一日を無駄に過ごしています。このブログを始めてから昨日まで482日のうち投稿を休んだのが僅か10日だとか、193日連続でブログ投稿を続けているとかで、もしかしたら自分はダメ人間ではないのかも・・・、などと思い始めていましたが、今日の過ごし方で、やはりダメ人間であることを客観的に証明してしまいました。