埼玉在住中小企業勤務ダメ人間の思うところ・・・

日頃言いたくても言えないことを吐露します。不愉快に感じる方は読まないでください。

野球好きの方に是非見ていただきたいホームページがあります

昨日の「日本女子工業高等学校の話題ですが、お読みくださった方々から反応がありまして大変に喜んでおります。

ガルパン」の県立大洗女子学園が、もしも「日本女子工業高等学校」という校名だったならば、もっと萌え要素が高かった!という意見までありまして、このネーミングセンスが極めて優れていることを物語っております。

昨日も申しましたが、私個人的には最も素敵な校名だと思います。現在では共学化してこの校名は過去のものになってしまっていることは残念です。

-・・・-

さて今日は野球の話題なんですが、連日熱戦が続く夏の甲子園の8月6日の第4試合、佐久長聖×旭川大は100年を超える甲子園の高校野球の歴史上初めてのタイブレーク試合となりまして、延長14回、5-4で佐久長聖が勝ちました。

タイブレークとか球数制限とか申告敬遠についてあれこれ論じるつもりはありませんが、時代の流れを感じてしまいます。

実は、野球好きのあなたに是非ご覧いただきたいホームページがあります。

Googleで「ライト工業野球部」で検索して、ライト工業野球部の奇跡というページを熟読していただきたいんです。

このホームページでは、昭和58年9月20日に茨城県営堀原運動公園野球場で行われた天皇賜杯全日本軟式野球大会決勝戦、ライト工業(東京)×田中病院(宮崎)の試合の模様が詳細に掲載されています。

軟式野球の日本一を決めるこの試合、私が大学1年の時で野球観戦に明け暮れていた頃でしたが、残念ながらこの試合は観戦していません。翌日のスポーツ新聞を開いてビックリ仰天したことを今も思い出します。

なぜならこの試合、ライト工業が2-1で勝ち、優勝しましたが、延長45回、試合時間8時間19分にも及ぶ試合だったからです。

確かにトップレベルの軟式野球になりますと、1点を取るのが大変でロースコアの試合になりがちですが、それにしても延長45回は凄すぎ。

↓ ライト工業野球部のホームページには詳細な試合スコアも掲載されています

f:id:jh0iam:20180810234738p:plain

f:id:jh0iam:20180810234823p:plain

f:id:jh0iam:20180810234842p:plain

スポーツ新聞を開いて本当に驚いてしまいしばらく絶句したことを鮮明に憶えています。その新聞を保存しておかなかったのは痛恨のミスです。

4年前にも第59回全国高校軟式野球大会準決勝で中京高校(岐阜)×崇徳高校(広島)で3日間におよぶサスペンデッドゲームを経て4日目に延長50回で中京高校が3-0で勝利したことがありましたが、前述のライト工業×田中病院の試合のように45イニング8時間19分連続(途中延長25回を終えたところで7分間中断してます)で戦うのも凄いことだと思います。

野球好きのみなさんに是非ご覧いただきたいホームページです。タイブレークもいいですが、絶句するほど凄い延長戦の死闘も見てみたいものです。