埼玉在住中小企業勤務ダメ人間の思うところ・・・

日頃言いたくても言えないことを吐露します。不愉快に感じる方は読まないでください。

行ってきました!「南硫黄島シンポジウム」!! その1

昨日の記事でも触れましたが、本日、東京都庁都民ホールで開催されました「シンポジウム 南硫黄島:東京の原生自然環境保全地域 冒険・発見・最後の秘境!」に行ってまいりました。

↓ 起床がやや遅れたため都庁都民ホールには9時20分ごろ到着

f:id:jh0iam:20190113223320j:plain

午前9時30分の受付開始10分前に現地到着しましたら、すでに100人を超える方々による長蛇の列。最後尾に就きましたがその後も人々が続き、あっという間に私の位置はかなり前の方になりました。あと10分遅く到着していたら座席は確保できなかったと思います。

実は昨日のブログ記事で・・・「恐らくは予想を上回る多くの人々が集まって大変なことになるのではないかと考えます。」・・・と書きましたが、その通りになりました。

昨年9月16日にNHKテレビ「秘島探検 東京ロストワールド 第1集 南硫黄島」が放送された直後のTwitterが、この番組に心打たれた人々のツイートで溢れてちょっとした騒ぎになっていたことを知っていましたし、私のこのブログでも10月4日に「NHK秘島探検東京ロストワールド第3集はあるのか・・・?」という記事をアップしましたが、3か月以上経過した今でもこの記事に対するアクセスが圧倒的に多いです。

↓ 3か月以上経過した今でも「南硫黄島」の記事へのアクセスが圧倒的に多いです

f:id:jh0iam:20190113225614p:plain

南硫黄島」に注目している人々や、潜在的に関心がある方など相当数に上るものと肌で感じていただけに、280席では足りないだろうと予想していました。

↓ そして、すぐにこのような掲示が付け加えられました・・・

f:id:jh0iam:20190113225936p:plain

そして場内は立ち見の方や通路に座り込む方などで満員御礼状態を超える大盛況。さらには入場できずに会場外に控える方も・・・・。しかも、午前の部が終われば帰る人がいて、空席ができるだろうと思っていましたが、予想を裏切り殆ど帰る人がいない。ですので午後も立ち見や臨時椅子での対応となっていました。学術シンポジウムでこんなことは初めて目撃しました。

あ、これは決してこのシンポジウムを主催した東京都環境局さんの見通しが甘かったと批判しているのではなく、南硫黄島」や「小笠原村」の自然や神秘に魅せられた人々が想像以上に多いことを知っていただきたいと考えた上でこのような記事を書いております。このようなシンポジウムを主催してくださった東京都環境局さんには感謝の気持ちでいっぱいで、批判する要素は一つもありません。

事実、本日午後5時のシンポジウム終了時の東京都環境局自然環境局自然公園担当課長の根来喜和子様のメッセージを込めたシンポジウム終了のご挨拶の際には場内に万雷の拍手が鳴り響きました。

学術的シンポジウムは無線通信などの分野を中心に、過去にも何度か参加したことがありますが、シンポジウムの最後にあのように轟わたるような大きな拍手を聴いたのは初めてでした。

 

さて、シンポジウムですが入場受付の際にA4判4頁のプログラムが配布されました。無料の配布物で、転載複写を禁じるとの文言も無いのでここで載せてみます。東京都や近県以外にお住まいでシンポジウムに参加できない「南硫黄島ファン」の方にご覧いただき、シンポジウムの雰囲気を感じていただければ幸いです

↓ 表紙

f:id:jh0iam:20190113233957j:plain

↓ 見開き

f:id:jh0iam:20190113234052p:plain

↓ 拡大 左上

f:id:jh0iam:20190113234135p:plain

↓ 拡大 左下

f:id:jh0iam:20190113234214p:plain

↓ 拡大 右上

f:id:jh0iam:20190113234244p:plain

↓ 拡大 右下

f:id:jh0iam:20190113234324p:plain

↓ 裏表紙 上

f:id:jh0iam:20190113234359p:plain

↓ 裏表紙 下

f:id:jh0iam:20190113234441p:plain

プログラムに記載されている内容から、シンポジウムの楽しさを感じ取っていただければ嬉しいです。

ここでみなさまにお知らせがあります。今日のシンポジウムで聴いたのですが・・・

1月20日(日曜)午後11時30分からNHK(Eテレ)で今日のシンポジウムで司会進行と「海鳥」の講義をされました川上和人先生による番組「サイエンスZERO バード川上が熱く語る!小笠原で鳥と進化の深い関係目撃せよ」が放送されます。当然、南硫黄島の話題もあります。

さらに・・・

2月20日(水曜)午後7時から約2時間(途中ニュースが10分入る)にわたり南硫黄島を中心とした小笠原の海域の島々の特集番組がBS1スペシャル(NHK)で放送されます。

是非ご視聴下されば幸いです。私は今から楽しみでワクワクしています。

それでは明日は南硫黄島シンポジウムの続編を投稿します。