埼玉在住中小企業勤務ダメ人間の思うところ・・・

日頃言いたくても言えないことを吐露します。不愉快に感じる方は読まないでください。

ダメ人間のプロフィール補足説明 その2

本命の国立大学の入試合格を優先するあまり、共通一次試験の社会を短時間の勉強で高得点を狙える「倫理社会」と「地理B」にしたので、日本史も世界史もほとんど勉強していないダメ受験生でした。共通一次試験が不調に終わったからといって、倫理社会や地理で受験できる私大など数えるほどしかなかったのですが、市ヶ谷にある私大が多様な科目で受験できることを発見し、何とか大学生になることができました。

入学後、「そうだ、就職は夜間の定時制高校の教員になろう。そうすれば朝早く起きる必要がなさそうだ」と考えて教職課程を併修するのですが、途中で「あ、金融機関はカッコよさそうだ」とよく調べもしないで安易に希望進路を変更するダメ大学生。

しかも、東京六大学野球神宮球場での観戦に熱中してしまい、最初は自分の大学の試合だけだったのが、他の大学の試合や新人戦、六大学×社会人対抗戦までスコアブック片手に観戦。さらに東都大学野球連盟など他のリーグの試合まで観戦するようになり、土曜・日曜は六大学野球、月曜は六大学か東都二部(神宮第二球場)、火曜・水曜は東都、木曜・金曜は東都の第3戦やら首都大学(川崎球場など)やら東京新大学リーグの日程を探して観戦するといったメチャクチャな一週間になり、一体いつ授業を受けるのだろうという状態になってしまったダメ人間。トホホ・・・

それでも運も味方して札幌に本店のある都市銀行に就職できましたが、これが苦難の人生の幕開けとなるのでした。

つづく