埼玉在住中小企業勤務ダメ人間の思うところ・・・

日頃言いたくても言えないことを吐露します。不愉快に感じる方は読まないでください。

発行枚数が少ない1円アルミ貨についてのご質問にお答えします

12月12日のブログ記事をお読みになった方(勤め先の会社のお取引先の方)からご質問をいただきました。

平成28年の1円アルミ貨のほかにも、平成23年、24年、25年、29年も発行枚数が極端に少ないようですが、どれも持っていますか?  というご質問です。

ブログをお読みくださるだけでもありがたいのですが、記事内容についてご質問をいただき本当に嬉しく思います。

で、発行枚数が極端に少ない1円アルミ貨ですが、全ての年号を所有しております。

↓ 1円アルミ貨のこの16年間の発行枚数推移

f:id:jh0iam:20181218234554p:plain

平成23年、24年、25年、28年、29年が極端に少ないです。撮影が下手で見づらいのですが、平成23年から順にご覧いただきましょう。

↓ 平成23年

f:id:jh0iam:20181218234802j:plain

↓ 平成24年

f:id:jh0iam:20181218234907j:plain

↓ 平成25年

f:id:jh0iam:20181218234939j:plain

↓ 平成28年

f:id:jh0iam:20181218235006j:plain

↓ 平成29年

f:id:jh0iam:20181218235033j:plain

硬貨収集に興味や関心が無い方ですと、これらの年号の1円アルミ貨は恐らくは生涯見る機会がないと思います。買い物などをした際につり銭でこの年号の1円アルミ貨を手にしましたら、それはほぼ「奇跡」に近い出来事だと思います。

-・・・-

さて、将棋C級1組順位戦、藤井(聡)七段×門倉五段の対局は午後10時過ぎに88手で藤井(聡)七段が勝ち、7戦全勝となりました。

↓ 投了図以下の解説

f:id:jh0iam:20181218235639p:plain

藤井(聡)七段は昨年から順位戦17連勝。デビューから順位戦では負けたことがありません。残る3戦全てに勝ち、C級1組を1期で通過して欲しいと思います。