埼玉在住中小企業勤務ダメ人間の思うところ・・・

日頃言いたくても言えないことを吐露します。不愉快に感じる方は読まないでください。

ハムフェアから一夜明けて魂の抜け殻になった日曜日・・・

昨日は東京ビッグサイトで行われた、アマチュア無線フェスティバル~ハムフェア2019~に出かけて来ましたが、一夜明けた今日は、ハムフェアの肉体的な疲れと、1年に1度の楽しみであるハムフェアが終わってしまったことによる喪失感で、今日の日曜日は魂の抜け殻になってしまい、午前中にNHKテレビで将棋トーナメントを観戦した時間以外はほぼ一日寝たきり状態になりました。

昨日のハムフェアには、45年近くにわたって親しくしている友人(国立大学法人勤務)と行きましたが、1年に1回か2回しか会う機会が無いその友人との再会や会食をも大いに楽しむことができましたので、その反動が大きい今日は心にポッカリと穴が開いたような虚無感に襲われます。

ちなみにその友人は同級生で、アマチュア無線の資格の上では私と同じ2級アマチュア無線技士なのですが、無線局開設が私より半年早く、知識や技能も私なんかより数段上の位置にいます。私は友人の数が極端に少ないのですが、45年近くにわたって友人関係を保ってくれて、ありがたいと思っています。

-・・・-

東京ビッグサイトに行けば、今日もハムフェアの開催期間中ですので、昨日と同様に楽しめるのですが、勤め先では明日から月初の激務が待っていると思うと、今日はハムフェア会場である東京ビッグサイトにまで出かける気にはなれません。そこで、昨日ハムフェア会場のさまざまなブースからいただいてきたパンフレットや会報、小冊子などに目を通します。

特に目を引いたのは、東京大学アマチュア無線クラブ部誌「Little Pistols」の中に掲載されている、電気通信主任技術者試験(伝送交換)の合格体験記」東京大学の学生の方の東大入試以外の試験の合格体験記そのものがあまり目にする機会がないのですが、東大入試を制したことのある方が、難関国家試験をどのように捉えどのように試験対策をしたのか、その方法が我々のような凡人にも適用できるのか否かを考えながら読ませていただきました。非常に参考になります。

↓ 毎年良質な記事を載せている東京大学アマチュア無線クラブ部誌「Little Pistols」

f:id:jh0iam:20190902003849j:plain

東京大学アマチュア無線クラブ部誌「Little  Pistols」は毎回質の高い記事を載せていまして、ハムフェアでは毎年最初に訪れて部誌をいただいております。この場を借りて御礼を申し上げます。