埼玉在住中小企業勤務ダメ人間の思うところ・・・

日頃言いたくても言えないことを吐露します。不愉快に感じる方は読まないでください。

将棋・王位戦最終局は木村九段が最年長初戴冠

将棋・王位戦七番勝負の最終局が昨日と今日とで行われまして、挑戦者の木村九段が110手で勝ち4勝3敗。7回目のタイトル挑戦で初めてのタイトル獲得となりました。タイトルを獲得した瞬間から、「木村九段」ではなく「木村王位」と呼ぶことになりますので、ここからは「木村王位」としますが、現在46才の木村王位は初タイトル獲得時の最年長記録を大幅に更新しました。

これまでの初タイトル時の最年長記録は、昭和48年に初タイトルの棋聖を獲得した有吉道夫九段の37才ですので、記録を9年も伸ばしたことになります。

↓ 王位戦七番勝負、挑戦者木村九段が4勝3敗で初タイトルの王位を獲得

f:id:jh0iam:20190926225052j:plain

AbemaTVの中継を視聴していましたが、まさに手に汗握る熱戦。普段は豊島名人を応援していますが、この王位戦に限っては、木村王位に一度はタイトルホルダーになって欲しいと感じ気が付けば木村王位を応援していました。豊島名人は今後いくらでもタイトル獲得のチャンスは巡ってきますので、今回は木村王位の応援です。

王位戦七番勝負、初戦から2連敗した時点で、木村王位のストレート負けもあるかと心配しましたが、第3局以降盛り返して4勝3敗で王位のタイトルを獲得しました。本当に自分のことのように嬉しいです。

-・・・-

昨日と一昨日のブログの記事は、勤め先の会社に対する不満を散りばめてしまいましたが、職場のストレスやイライラをブログを通じて発信できるだけでも気持ちを落ち着かせることができます。今日はこのところ連日時間を費やしてきた梱包作業が無かったことから事務作業はかなり順調に捗りました。

昨年あたりから「働き方改革」を推進する関係で、夕方は午後5時台には会社を出ることが推奨されていまして、日中の業務は常に全力疾走状態です。自席からファクシミリとコピーの両方ができる複合機の位置まで6メートル50センチあるのですが、この6メートル50センチの移動でも1秒を削り出すため駆け足で移動します。

工場と工場の行き来や事務所と工場の往復などでも100メートルとか200メートルを全力疾走することが多いです。一日中全力で走り回っていますと、左脇腹が痛み出すことがしばしばあります。

脇腹痛が発生しますと、事務作業に戻ってもイマイチ波に乗れません。100メートル程度の距離を数回全力で往復しただけで激しい脇腹痛に襲われることがあります。

この脇腹痛、加齢によるものなのか、とにかく我慢するしかないのか、それとも適切なクスリがあるのか、短時間で痛みを消す方法があるのか、などなど、とにかく一度こうしたことに詳しい方に訊いてみたいと思っています。

明日は金曜日! 休日は目前!! 気力で頑張ってきます!!