埼玉在住中小企業勤務ダメ人間の思うところ・・・

日頃言いたくても言えないことを吐露します。不愉快に感じる方は読まないでください。

私の勤め先で「他者を敬う気持ちが欠如する職員」が増加中

標題の通りです。

明日は5月20日ですので、あと4か月勤めれば今の勤め先で勤続20年となり、金一封(10万円)とリフレッシュ休暇(15日らしい)がいただけます。

勤続20年を過ぎますと、30年勤めようが40年勤めようが、金一封も休暇もいただけません(表彰状のみ)ので、あとは退職することだけを考えることになるのだろうと思います。

-・・・-

社会人34年目に入り、このところ「会社辞めたい病」が発症したり消えたりの繰り返しなんですが、私の場合は仕事そのものが嫌いではないんです。

ただ、同じ職場に勤める職員の中に「嫌いなヤツ」が増えすぎて、毎日毎日腹が立つことばかり。仕事で疲れるのではなく、嫌いなヤツに腹が立ったり呆れかえったりで疲れるんですよね・・・。

職場から帰宅しますと疲れ果ててグッタリと倒れ込んでしまいます。

 

-・・・-

 

今日も腹の立つことが3つありました・・・

1つ目。大掛かりな板金施工を伴う案件について、日頃からお世話になっている板金加工職人の方から施工方法などについて詳しく訊きたいと、社内のいくつかの部署から職人の方の招聘の要請がありましたので、日頃懇意にさせていただいている腕利き職人の方に朝9時の約束でお越しいただきました。

私、個人的にはこの腕利き職人の方は尊敬の対象でして、板金加工の腕前や知識、経験の豊富さはずば抜けてスゴイんですがそれだけではなく、仕事に対する取り組み姿勢、責任感の強さなど、見習うべき点がたくさんあります。この腕利き職人の方はサラリーマンではなく、長年にわたって自営業で家族を養ってこられた方ですので、仕事に対する考え方が我々なんかより格段に厳しいです。

このような腕利き職人の方に教えを乞うべく要請に従ってお招きしたのですが、会議室や打合せ室は自社の職員が占領しているため使えず、仕方なく散らかった休憩室で行うことに。

しかも約束の朝9時になっても姿を見せない職員がいまして、招聘した私が恥ずかしい思いをしました。教えを乞う側が約束の時間を過ぎてからやってくる。しかもロクに挨拶もしないというのはわたしが最も嫌うことなんです。

その腕利き職人氏は人柄も円満なので、そうした失礼な職員に対し気にする様子はありませんでしたし、板金施工方法の打合せも順調に済んだのでよかったのですが、一部の職員の無礼を詫びたい気持ちでいっぱいでした。

 

-・・・-

 

2つ目。今日はフォークリフトの年次検査のため、日頃使っているフォークリフトを整備工場に引き揚げ、そのフォークリフトが無い間に使う代車が来ることになっていました。

フォークリフトは1週間ほど預けますので、引き渡す際にはフォークリフトに載っている物品(工具やウエス、雑巾、手袋、スリングなど)を下ろし、泥や油などの汚れは軽く拭き取っておくようにと昨日お願いしておきました。

午前10時、フオークリフトの業者の方が来られ、日頃使っているフォークリフトを引き渡そうとしましたが、工具やウエスなどは載ったまま。しかも汚れた状態です。慌てて載っている物品を下ろし、汚れを掃(はら)い落しました。

モノが載っていようが、汚れていようが、年次検査に影響は無いだろう・・・、という考えなのかもしれませんが、フォークリフトの業者の方に少しでも手を煩わせることの無いように・・・、さらには気持ちよく引き渡したいなどと考えているのは私だけなのかもしれません。これは歯を磨かずに歯科医院に出掛けて歯の治療を受けるようなもので、恥ずかしいことですし、相手に対する敬意や思い遣りの欠片も感じられません。私はこういったことが非常に気になります。

 

-・・・-

 

3つ目。ふと倉庫に立ち寄った際に、日頃お世話になっている宅配便ドライバーの方が届いた荷物(ダンボール箱に入った物品)を種類別に棚に並べる作業をしているところに出くわしました。

宅配便ドライバーは荷物を戸口や受付窓口で受取人に手渡せばその役割や責任は完了するものだと思っていましたので、ドライバー氏に対して質問をしてみました。

 

わ た し「届けた荷物を倉庫の棚に陳列までしているんですか?」

ドライバー「あ、先ほど事務所の女性の方から種類ごとに陳列しろと言われまして」

わ た し「それはドライバーさんの役割ではないですよね」

ドライバー「そうなんですが、並べておいてください・・・って言われて・・・」

わ た し「あ、いや、おかしいですよ。そんなことやらなくていいですよ」

ドライバー「あ、でも、やっておきますと言ってしまったので・・・」

わ た し「それは私がやります。どうぞ、配達に戻ってください」

ドライバー「すみません、急いでいるので助かります。ありがとうございます」

わ た し「非常識なことを頼んだ女性職員に代って謝ります。申し訳ありません」

ドライバー「わたしもハッキリと断るべきでした」

 

荷物を届けてくれたことに対して感謝しないどころか、その荷物の陳列作業までやらせる非常識、厚顔無恥ぶりには呆れ果ててしまいます。

 

その後、他の部署に行きましたら、つい最近入社した新入社員が、自席にデーンと腰かけたままの状態で先輩社員を手招きで呼び寄せて、「ちょっと、これ、解らないんだけど・・・」と尊大な態度で質問している場面を見てしまい、またまた呆れてしまいました。もはやこの非常識さと、それをあっさりと認めてしまう異様な寛容性、それにお取引先の方などを舐め切った態度はここ数年で急速に築かれた社風なんでしょうか? 以前はここまで酷くはなかったように思うんです。

もうこの会社の人たちに常識や良識、正義なんかをを期待しちゃダメなんだと改めて思い知らされました。こんなヤツらは仮に他の会社に転職しても即座に鼻つまみ者ですね。

あ、いや、それとも、私の勤め先の会社だけでなく、こんな非常識がまかり通る会社や事業所が全国的に増えているのに私が気づいていないだけなのかな・・・?

 

と、まぁ、いずれにしても、こんな職場なので、HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)の私は本当に疲れます。勤め先のこのようなヘンな人々と接したくない、一緒に働きたくない、同じ空間に居たくない・・・、というのが退職したい最大の理由。

その反面、今の担当職務そのものは嫌いではないし、お取引先の方々との関係は極めて良好なので、今の仕事を続けたい気持ちもあります。

ただ、嫌いなヤツが増えすぎました・・・。それでも金一封10万円ゲットするまであと4か月は我慢我慢・・・。