埼玉在住中小企業勤務ダメ人間の思うところ・・・

日頃言いたくても言えないことを吐露します。不愉快に感じる方は読まないでください。

将棋・藤井七段の初タイトルは来週以降に持ち越し・・・

すでにネットニュースやテレビなどで報道されていますので、ご存知の方も多いかと思いますが、注目の将棋・棋聖戦第3局、渡辺明棋聖×挑戦者藤井聡太七段は午後7時12分、142手で渡辺棋聖が勝ち、このシリーズ初勝利を手にしました。

挑戦者の藤井七段は初黒星を喫し、2勝1敗となりましたが、残る2局のうち1勝すれば棋聖のタイトルを奪取できます。

 

↓ 午後7時12分、142手で渡辺棋聖が勝った場面

f:id:jh0iam:20200709214651j:plain

今日は、朝から全速力で業務を片づけ、午後5時すぎに帰宅。それからずぅーーーーっと観戦し、終局後のインタビュー、感想戦、リプレイを観続けていましたらすでに午後9時を過ぎていました。4時間以上もAbemaTVを視ていたことになります。

-・・・-

棋聖戦第4局は、1週間後の7月16日(木曜日)です。この日の午後は有給休暇を取得して、午後から夜にかけてAbemaTVを通じて対局を観戦したいと思います。そして、将棋界では最初で最後になるであろう、17才でのタイトル奪取の歴史的快挙の瞬間を見たいと思います。

実は藤井七段は1週間後の棋聖戦第4局までの間に、札幌市で別のタイトル戦、王位戦の第2局があります。明日以降の藤井七段の行動予定を簡単に記してみます。

 

7月10日(金) 高校に通学・・・と思われます・・・

7月11日(土) 自宅で研究・・・と思われます・・・

7月12日(日) 北海道札幌市「ホテルエミシア」に移動。対局場の検分など

7月13日(月) 王位戦第2局(1日目) 木村王位に挑戦

7月14日(火) 王位戦第2局(2日目) 木村王位に挑戦

7月15日(水) 札幌市から自宅(愛知県)に移動・・・だと思います・・・

7月16日(木) 棋聖戦第4局(大阪市関西将棋会館) 渡辺棋聖に挑戦

7月17日(金) 高校に通学・・・と思われます・・・

7月18日(土) 将棋日本シリーズ1回戦第3局(東京・シャトーAMEBA) 菅井八段戦

 

移動や対局以外はあくまで推測なんですが、概ねこのような動きになるものと思います。北海道で別のタイトル戦があり、戻ってすぐに大阪で棋聖戦を戦い、その2日後にもA級棋士相手に公式戦対局。合間を縫うように高校にも通学。もの凄いハードスケジュールです。体調を崩したり、疲労回復が遅れたりしないか心配です。

 

一昨日と今日は将棋・藤井七段を中心とした話題に偏ってしまいました。7月に入ったら、さまざまなスポットを訪れて、その訪問記事を書こうと考えていましたが、ここにきて新型コロナウイルス感染者数が増加傾向にあり、県境を越えての移動はしづらくなっています。当面は将棋や無線、古銭などの記事が軸になりそうです。