埼玉在住中小企業勤務ダメ人間の思うところ・・・

日頃言いたくても言えないことを吐露します。不愉快に感じる方は読まないでください。

4月14日(水曜日)の朝は郵便局へGO!!

すでにご存じの方も多いのではないかと思いますが、来週の水曜日(4月14日)は、日本郵便ゆるキャラ「ぽすくま」を描いた1円切手が発売される日です。

今年は郵政事業が始まって150周年になりますが、それを記念しての限定発行。「ぽすくま」の1円切手の発行枚数は1億枚のみです。

この限定発行の「ぽすくま」1円切手は1シート50枚のシール式切手のため、1枚ずつのバラ売りはせず、1シート単位(50円)での販売となりますので、発行枚数は1億枚でも、実際の販売数は200万シートです。

↓ このような可愛らしい切手です(^^)・・・日本郵政さんのサイトより

f:id:jh0iam:20210409215151j:plain

切手の中の日本郵便の4文字と、額面の1という数字は二重線で抹消していますが、4月14日に発売される切手にはこのような二重線はありません。

200万シート限定の販売ですので、恐らくは4月14日のうちに完売となってしまい、その後に入手するのは難しくなるのではないかと予想しています。

-・・・-

現在のはがきの料金は63円、封書の基本料金は84円ですが、消費税の増税により郵便料金がの値上げされた令和元年10月以前に購入した62円はがきや、82円切手がまだ手許にたくさん残っている方には、この「ぽすくま」1円切手が大変便利で、差額分の料金を支払いながら、はがきや封書に可愛らしく彩を添えてくれます。

ただ、切手収集家の方が大量に購入し大切に保管することになると思いますので、実際には郵便物に貼って投函するケースは少なくなるのではないかと思います。

仮に100シート購入したとしても5000円なので、収集家の方はかなりの数量を買い求めるのではないかと勝手に想像しています・・・。

私は切手収集派ではなく古銭・コイン派で、普段は記念切手などはあまり購入していないのですが、それでもこの「ぽすくま」1円切手は意匠がカワイイことと、買い求めやすい価格であること、70年ぶりに1円切手に前島密氏以外のデザインが採用された歴史的意義のある切手であること、発行数が1億枚限定であるということから、ぜひとも欲しいと思います。

4月14日は仕事休めないけど・・・、どうするかな・・・(^^)ゝ