埼玉在住中小企業勤務ダメ人間の思うところ・・・

日頃言いたくても言えないことを吐露します。不愉快に感じる方は読まないでください。

1975年のプロ野球公式戦日程表を鑑賞する・・

今日は46年前の1975年(昭和50年)のプロ野球公式戦日程表をご鑑賞いただきます。1975年のプロ野球の注目は巨人の長嶋茂雄新監督。前年で現役引退した長嶋氏が監督に就任し「クリーンベースボール」を標榜。ユニフォームやコーチ陣を一新してシーズンに臨みましたが、巨人は球団史上初の、そして今日に至るまで唯一の公式戦最下位に沈んだ衝撃的な年でした。セ・リーグは広島が球団創設以来26年目で初優勝し、日本シリーズを制したのはパ・リーグ優勝の阪急。阪急の日本一は初めてでした。

-・・・-

この年の私は小学校6年生で、プロ野球の試合結果が掲載されている新聞を毎日丁寧に切り取ってノートに貼り付けて保存していました。

 

↓ テレビ観戦のお供がこれ「燃えるプロ野球

f:id:jh0iam:20211219193228j:plain

選手名鑑を中心としたさまざまな情報が満載の雑誌です。

1983年に大学進学で上京する際に、部屋にあった大量の雑誌類と共に一度は捨ててしまったのですが、数年前にヤフオクで買い戻しました。

「燃えるプロ野球」の中から、本当は選手名鑑をご覧いただきたかったのですが、当時の名鑑は、選手やコーチ、監督の詳細な住所や家族構成まで掲載されていまして、個人情報を保護しなければならない今、残念ながらここに公開することはできません。

従いまして、この年のプロ野球公式戦日程表の開幕から8月初旬までをご鑑賞いただこうと思います。

-・・・-

今年(2021年)の日本シリーズを制したのはセ・リーグ優勝のヤクルトスワローズでしたので、セ・リーグからご覧いただきます。

 

↓ こちらです。セ・リーグは所属する6球団に大きな変動はありません

f:id:jh0iam:20211219193241j:plain

f:id:jh0iam:20211219193257j:plain

f:id:jh0iam:20211219193313j:plain

f:id:jh0iam:20211219193327j:plain

セ・リーグの使用球場は神宮と甲子園は今も変わっていません。「後楽園」「川崎球場」「中日スタヂアム」「広島市民球場」の名称はとても懐かしく感じます。

-・・・-

続いてパ・リーグですが、こちらは所属球団が大幅に変わっています。球場名も大変に懐かしい名称が並んでいます。

 

↓ それではご覧ください

f:id:jh0iam:20211219193346j:plain

f:id:jh0iam:20211219193405j:plain

f:id:jh0iam:20211219193428j:plain

f:id:jh0iam:20211219193444j:plain

平和台球場は福岡にあり太平洋クラブの本拠地。日生球場藤井寺球場は大阪にあり近鉄の本拠地。西京極(現在のわかさスタジアム京都)と西宮は阪急の本拠地。仙台はロッテ、大阪は南海の本拠地。日本ハムは後楽園を本拠地にしていましたので、後楽園は日本ハムと巨人の2球団の本拠地となっていました。

この年のパ・リーグは前期・後期制で、後期日程は球場が未定です。今では聞くことがない球団、球場が並んでいまして、46年の時間の経過を感じていらっしゃることと思います。一定の年齢を超えた方々には、現在の球団名やネーミングライツによりスポンサー企業名を冠した球場名よりもこちらの方がしっくりくるかもしれません。

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、パ・リーグは、日曜日はほぼ毎週ダブルヘッダーを組んでおり、1日2試合を消化していました。今では考えられませんが、当時はこれが当たり前でした。

 

以上、お付き合いいただきありがとうございました。

あと8回出勤すれば年末年始の6連休が待っています\(^o^)/