埼玉在住中小企業勤務ダメ人間の思うところ・・・

日頃言いたくても言えないことを吐露します。不愉快に感じる方は読まないでください。

3年ぶりに開催されるハムフェアまであと1か月!!

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、2020年と2021年の2年にわたって開催取り止めになったアマチュア無線の祭典「ハムフェア」。今年は3年ぶりに開催される見通しです。

会場は、東京ビッグサイト南3・4ホール。開催日は8月20日(土曜日)と21日(日曜日)。今年の正月あたりから楽しみにしていましたが開催まであと1か月となり、ソワソワし始めています。

 

↓ CQ ham radioの今月号にも「ハムフェア」の案内が掲載されています

 

-・・・-

前回の「ハムフェア」開催は2019年。3年前のことになります。その様子をところどころ撮影していましたので、ご覧いただきたいと思います。

 

↓ 2019年の「ハムフェア」会場も東京ビッグサイトでした

 

↓ 「ハムフェア」会場の大看板。2019年は8月31日と9月1日でした

 

↓ 全国から集まった熱心なアマチュア無線家。ものすごい長蛇の列

推定平均年齢63才くらい・・・かな?

 

↓ 特別記念局「8J1HAM」、今年も運用される予定です

 

↓ 2019年のハムフェア会場で知ったJA1AA局のSKはショックでした

 

↓ 電波新聞社さんから「令和版BCLマニュアル」が発売され一瞬で完売しました

私は幸運にもこの場で購入できました。

 

↓ ICOM社から発表された「IC-705」これにはビックリ

もの凄い数の人々がICOM社のブースに殺到していました。

 

↓ IC-705の「プレリリース・インフォメーション」

この時点では一部の細かな仕様が未定の状態でしたので「製品カタログ」はまだ存在せず「プレリリース・インフォメーション」が配布されていました。

今年は八重洲無線さんの「FT-710」やICOMさんの「SHF-P1」が注目ですが、他社のブースからも、あっと驚く発表があるかもしれません。

 

-・・・-

3年も待ち続けた「ハムフェア」開催までいよいよあと1か月。

ここでオーバーワークで倒れたり、新型コロナウイルスに感染したりして「ハムフェア」会場に行けなくなるようなことにならないよう、向こう1か月間はより一層気を付けながら生活することになります(^^)