埼玉在住中小企業勤務ダメ人間の思うところ・・・

日頃言いたくても言えないことを吐露します。不愉快に感じる方は読まないでください。

ポケモンGO! 最初で最後になるであろう貴重な体験・・・

昨年12月23日以来、5か月ぶりにポケモンGOの話題です。

平日の日中は仕事をし、夕方から深夜にかけてアマチュア無線やBCL(放送受信)、古銭整理、読書、ネット将棋、そしてブログ投稿で勝手に多忙な状況を造り出していまして、この1年くらいはポケモンGOをプレイする時間を捻出できておらず、毎日フレンドの方々に贈るギフトを短時間でかき集めて配布することだけで精一杯の状況です。

当然のことながら、この1年あまりポケモンGOについての実績は無いに等しく、ブログで取り上げるようなことも無いため、5か月前の「ジムバトル20000勝」の記事を最後にポケモンGOの話題からは遠ざかっておりました。

ポケモンGOを嫌いになったわけではなく、他にやることがたくさんあって時間が足りないだけなんです。時間が無限にあれば是非やりたいと思っています。

お取引先で春日部市にある会社の社長からはポケモンGOに関するホットな情報を頻繁にいただいており、日々新たなサービスがアップデートされるポケモンGOについては知っているつもりですし、その社長さんとポケモンGOの話題で盛り上がる際は仕事の最中であっても楽しいひとときです。いつもありがとうございます。

-・・・-

さて5か月ぶりにポケモンGOの話題を投稿します。今日は熱心なポケモンGOファンの方でもまず体験できないであろう珍しい出来事がありました。

 

今朝、目を覚ましたら、居住地の近くで昨日まで「ポケストップ」だったところが「ジム」に昇格していたんです。休日の早朝ですので、まだ気づいている人もいないようで、新設されたジムは誰も触れたことのない白い「前人未踏のジム」になっています。

今朝は、朝8時から9時まで千葉にあるFMラジオ局「bayfm」の番組を聴取して受信報告書を書く予定にしていましたので、「前人未踏のジム」は熱心なポケモンGOファンの方が「新設ジム1番乗り」になればいい、私のようにそれほどやる気の無い人が「新設ジム1番乗り」になっては申し訳ないと感じ、朝の1時間はbayfmの番組を聴きながら受信報告書を書いていました。

bayfmの番組を聴き終わり、さて「新設ジム」は誰が1番乗りになっただろう?と思い、ポケモンGOアプリを開いてみたら、まだ誰も触れてなく「前人未踏のジム」のままでした。この「新設ジム」ですが、居住地の近くにある沼の畔(ほとり)にあり、自動車ではたどり着けない場所にあります。そのためか、何時間経ってもだれも触れていない状態が続いています。

事実上引退したようなポケモンGOトレーナーの私が「新設ジム」の「1番乗り」になるのは恐縮しますが、3時間以上誰も手をつけないので、前人未踏ジムの「栄誉ある1番乗り」となるべく自転車で駆け付けました。

 

↓ 沼のほとりに白く見える「前人未踏の新設ジム」昨日まではポケストップでした

f:id:jh0iam:20200523194610p:plain

新たなポケストップも沼の手前に新設された模様

 

↓ まだ白い「前人未踏のジム」に近づいていきます

f:id:jh0iam:20200523194848p:plain

 

↓ 「前人未踏のジム」1番乗りです。自動車では入れない場所にあります

f:id:jh0iam:20200523194944p:plain

 

↓ まだ誰も入ったことの無い「前人未踏ジム」の扉を開けました

f:id:jh0iam:20200523195052p:plain

 

↓ ハピナスを置いて「栄誉ある1番乗り」となりました

f:id:jh0iam:20200523195150p:plain

 

↓ ジム化して「最初にフォトディスクを回す栄誉」のオマケつき(^^)

f:id:jh0iam:20200523195251p:plain

 

↓ きのみを与えた後に記念撮影。「埼玉在住ダメ人間」と名付けています

f:id:jh0iam:20200523195542p:plain

 

↓ 「新設ジム1番乗り」でジムを青色にした直後の様子

f:id:jh0iam:20200523203934p:plain

こんな幸運なことは最初で最後だろうと思います。居住地のすぐ近く、外出自粛期間中の休日の朝、自動車で到達できない場所といった偶然が重なった結果です。本来なら熱心なポケモンGOファンの方が「1番乗り」になるべきだと思いましたが、今では珍しい体験ができてよかったと思っています。

 

-・・・-

 

「未踏のジム1番乗り」のあと、4時間12分後に次の方(ソーナンス)が入ってこられたようですし、12時間経過した現在では5人がジムに入っています。

↓ 約12時間経過したジムの様子(午後9時5分現在)

f:id:jh0iam:20200523211101p:plain

自動車で行けない場所ですので、なかなか訪れる人が少ないようで、まだ空席が1つあります。このハピナス(埼玉在住ダメ人間)はしばらく帰ってこないかもしれません(^^)

昭和8年~昭和12年まで発行された10銭ニッケル貨・・・

ふと5月に入ってから古銭を紹介する記事を書いていないことに気づきましたので、今日は昭和8年から昭和12年までの5年間発行された、「10銭ニッケル貨」を紹介します。

↓ オモテが菊と桐の紋章に唐草、ウラは青海波のデザイン。品位はニッケル100%

f:id:jh0iam:20200521211909j:plain

ニッケル貨は経年による劣化が少ないのが特徴です。80年以上前の硬貨でも傷みが少なく、キラキラと輝きを放つものもたくさんあります。

↓ 昭和8年と昭和9年発行の「10銭ニッケル貨」

f:id:jh0iam:20200521212357j:plain

↓ 昭和10年 昭和11年 昭和12年発行の「10銭ニッケル貨」

f:id:jh0iam:20200521212716j:plain

↓ 直径22mmですので、私たちが普段使っている5円硬貨と同じ大きさです

f:id:jh0iam:20200521212746j:plain

なお、重さは4.02グラム。現在使われている50円白銅貨(4グラム)とほぼ同じです

この「10銭ニッケル貨」なんですが、実は兵器などの製造に必要な特殊鋼や薬莢の材料となる白銅の原料であるニッケルを国内に備蓄するために流通させていたんです。

つまり普段は硬貨として流通させておき、有事の際にはそのニッケル硬貨を一気に回収して兵器などの製造に使い、他の素材の硬貨や紙幣を代替で流通させるという計画です。

昭和8年から12年までの5年間、「10銭ニッケル貨」は約2億546万枚発行されましたので・・・

2億546万枚×4.02グラム=826トン

同じ時期に「5銭ニッケル貨」も5年間で約1億4440万枚発行されていまして、1枚が2.8グラムでしたので・・・

1億4440万枚×2.80グラム=404トン

全国に出回っている「10銭ニッケル貨」と「5銭ニッケル貨」を全て回収すれば、合わせて1230トンのニッケルが調達できる仕組みとなっていました。

ただ、私の手許には兵器や薬莢に作り替えられることにならなかった4キログラムの「10銭ニッケル貨」がこうして残っております。どの程度の量のニッケルが実際に回収されたのかは判りません。

-・・・-

↓ それでは、10枚×10列×10段=1000枚を並べてみます

f:id:jh0iam:20200521213601j:plain

↓ 近づいて撮影します

f:id:jh0iam:20200521213637j:plain

↓ さらに近づいて撮影します

f:id:jh0iam:20200521213719j:plain

↓ それでは規則正しく並んでいた1000枚をグシャリと崩します

f:id:jh0iam:20200521213838j:plain

↓ 近づいて撮影します

f:id:jh0iam:20200521213912j:plain

↓ さらに近づいて撮影します

f:id:jh0iam:20200521214000j:plain

なお、この「10銭ニッケル貨」は特に希少性は無く、古銭の専門店などでは100円から200円程度で入手できます。

今回もご覧いただきありがとうございました。\(^o^)/

次回は「10銭ニッケル貨」と同じ時期に発行された「5銭ニッケル貨」を紹介します。

私の勤め先で「他者を敬う気持ちが欠如する職員」が増加中

標題の通りです。

明日は5月20日ですので、あと4か月勤めれば今の勤め先で勤続20年となり、金一封(10万円)とリフレッシュ休暇(15日らしい)がいただけます。

勤続20年を過ぎますと、30年勤めようが40年勤めようが、金一封も休暇もいただけません(表彰状のみ)ので、あとは退職することだけを考えることになるのだろうと思います。

-・・・-

社会人34年目に入り、このところ「会社辞めたい病」が発症したり消えたりの繰り返しなんですが、私の場合は仕事そのものが嫌いではないんです。

ただ、同じ職場に勤める職員の中に「嫌いなヤツ」が増えすぎて、毎日毎日腹が立つことばかり。仕事で疲れるのではなく、嫌いなヤツに腹が立ったり呆れかえったりで疲れるんですよね・・・。

職場から帰宅しますと疲れ果ててグッタリと倒れ込んでしまいます。

 

-・・・-

 

今日も腹の立つことが3つありました・・・

1つ目。大掛かりな板金施工を伴う案件について、日頃からお世話になっている板金加工職人の方から施工方法などについて詳しく訊きたいと、社内のいくつかの部署から職人の方の招聘の要請がありましたので、日頃懇意にさせていただいている腕利き職人の方に朝9時の約束でお越しいただきました。

私、個人的にはこの腕利き職人の方は尊敬の対象でして、板金加工の腕前や知識、経験の豊富さはずば抜けてスゴイんですがそれだけではなく、仕事に対する取り組み姿勢、責任感の強さなど、見習うべき点がたくさんあります。この腕利き職人の方はサラリーマンではなく、長年にわたって自営業で家族を養ってこられた方ですので、仕事に対する考え方が我々なんかより格段に厳しいです。

このような腕利き職人の方に教えを乞うべく要請に従ってお招きしたのですが、会議室や打合せ室は自社の職員が占領しているため使えず、仕方なく散らかった休憩室で行うことに。

しかも約束の朝9時になっても姿を見せない職員がいまして、招聘した私が恥ずかしい思いをしました。教えを乞う側が約束の時間を過ぎてからやってくる。しかもロクに挨拶もしないというのはわたしが最も嫌うことなんです。

その腕利き職人氏は人柄も円満なので、そうした失礼な職員に対し気にする様子はありませんでしたし、板金施工方法の打合せも順調に済んだのでよかったのですが、一部の職員の無礼を詫びたい気持ちでいっぱいでした。

 

-・・・-

 

2つ目。今日はフォークリフトの年次検査のため、日頃使っているフォークリフトを整備工場に引き揚げ、そのフォークリフトが無い間に使う代車が来ることになっていました。

フォークリフトは1週間ほど預けますので、引き渡す際にはフォークリフトに載っている物品(工具やウエス、雑巾、手袋、スリングなど)を下ろし、泥や油などの汚れは軽く拭き取っておくようにと昨日お願いしておきました。

午前10時、フオークリフトの業者の方が来られ、日頃使っているフォークリフトを引き渡そうとしましたが、工具やウエスなどは載ったまま。しかも汚れた状態です。慌てて載っている物品を下ろし、汚れを掃(はら)い落しました。

モノが載っていようが、汚れていようが、年次検査に影響は無いだろう・・・、という考えなのかもしれませんが、フォークリフトの業者の方に少しでも手を煩わせることの無いように・・・、さらには気持ちよく引き渡したいなどと考えているのは私だけなのかもしれません。これは歯を磨かずに歯科医院に出掛けて歯の治療を受けるようなもので、恥ずかしいことですし、相手に対する敬意や思い遣りの欠片も感じられません。私はこういったことが非常に気になります。

 

-・・・-

 

3つ目。ふと倉庫に立ち寄った際に、日頃お世話になっている宅配便ドライバーの方が届いた荷物(ダンボール箱に入った物品)を種類別に棚に並べる作業をしているところに出くわしました。

宅配便ドライバーは荷物を戸口や受付窓口で受取人に手渡せばその役割や責任は完了するものだと思っていましたので、ドライバー氏に対して質問をしてみました。

 

わ た し「届けた荷物を倉庫の棚に陳列までしているんですか?」

ドライバー「あ、先ほど事務所の女性の方から種類ごとに陳列しろと言われまして」

わ た し「それはドライバーさんの役割ではないですよね」

ドライバー「そうなんですが、並べておいてください・・・って言われて・・・」

わ た し「あ、いや、おかしいですよ。そんなことやらなくていいですよ」

ドライバー「あ、でも、やっておきますと言ってしまったので・・・」

わ た し「それは私がやります。どうぞ、配達に戻ってください」

ドライバー「すみません、急いでいるので助かります。ありがとうございます」

わ た し「非常識なことを頼んだ女性職員に代って謝ります。申し訳ありません」

ドライバー「わたしもハッキリと断るべきでした」

 

荷物を届けてくれたことに対して感謝しないどころか、その荷物の陳列作業までやらせる非常識、厚顔無恥ぶりには呆れ果ててしまいます。

 

その後、他の部署に行きましたら、つい最近入社した新入社員が、自席にデーンと腰かけたままの状態で先輩社員を手招きで呼び寄せて、「ちょっと、これ、解らないんだけど・・・」と尊大な態度で質問している場面を見てしまい、またまた呆れてしまいました。もはやこの非常識さと、それをあっさりと認めてしまう異様な寛容性、それにお取引先の方などを舐め切った態度はここ数年で急速に築かれた社風なんでしょうか? 以前はここまで酷くはなかったように思うんです。

もうこの会社の人たちに常識や良識、正義なんかをを期待しちゃダメなんだと改めて思い知らされました。こんなヤツらは仮に他の会社に転職しても即座に鼻つまみ者ですね。

あ、いや、それとも、私の勤め先の会社だけでなく、こんな非常識がまかり通る会社や事業所が全国的に増えているのに私が気づいていないだけなのかな・・・?

 

と、まぁ、いずれにしても、こんな職場なので、HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)の私は本当に疲れます。勤め先のこのようなヘンな人々と接したくない、一緒に働きたくない、同じ空間に居たくない・・・、というのが退職したい最大の理由。

その反面、今の担当職務そのものは嫌いではないし、お取引先の方々との関係は極めて良好なので、今の仕事を続けたい気持ちもあります。

ただ、嫌いなヤツが増えすぎました・・・。それでも金一封10万円ゲットするまであと4か月は我慢我慢・・・。

興銀・長銀・日債銀・第一勧銀・拓銀・東銀・三井・三菱・・・

一昨日、3年後に「国民体育大会」が「国民スポーツ大会」に改称される記事を書いている際に、ふと過去のさまざまな制度や仕組みの変化について考えてみましたが、日頃全く意識していないことに改めて気づかされたことがいくつかあります。

 

例えば「消費税」なんですが、私が学校を卒業して勤め人になってから2年間は「消費税」というものがありませんでした。「消費税」が導入されたのは平成元年4月1日。昭和62年から勤め人をやっている私は「消費税」というものが国内ではまだ存在しない時代にすでに働いていたことになります。ふと立ち止まって考えて改めて気づいた次第です。

当然ですが、当時は「仮受消費税」とか「仮払消費税」とか「未払消費税」といった勘定科目などありません。学校でもそのような勘定科目は習っていはいません。

-・・・-

これまたふと立ち止まって考えましたら通貨(紙幣)は私が大学に通っている昭和59年11月に新しいデザインに替わりましたので、勤め人になった時にはすでに「聖徳太子」の高額紙幣は殆ど流通していませんでした。

予備校や大学の入学手続きでは聖徳太子」の肖像の1万円紙幣を封筒に詰めて持ち歩いたことを思い出します。

 

↓ 懐かしく感じる方も多いのではないでしょうか・・・

f:id:jh0iam:20200517190513j:plain

同じ聖徳太子の肖像でも、1万円紙幣と5千円紙幣とでは多少違いがありますね。

 

1万円、5千円、千円の3種類は私の大学在学中の昭和59年11月1日から新しい紙幣(1万円=福沢諭吉、5千円=新渡戸稲造、千円=夏目漱石)に替わりました。5百円紙幣は昭和57年から500円硬貨が発行され、徐々に姿を消していきました。

-・・・-

私の記憶の中では、いつまで経っても高額紙幣は「聖徳太子」のイメージがあり、失礼ながら福沢諭吉の肖像の1万円紙幣は今でも「新参者」というイメージがありましたが、福沢諭吉の肖像が採用されてすでに35年も経っているんですね・・・。しかも数年後には渋沢栄一にその座を譲る大ベテランでした・・・。本当に失礼いたしました・・・。

この写真の4種類の紙幣ですが、紙幣のデザインが替わる際に、折り目の無い紙幣を1枚ずつ手に入れて記念に保管していますが、現在でも通用する通貨です。勤め人になったばかりのころは手許にお金が全然無く、欲しいものを買うために、この16500円を使ってしまおうかと考えたことが何度もありました。

-・・・-

紙幣のほかにも、大学生のころから社会人になりたてのころにお世話になった銀行預金通帳もまだ手許にありました。

↓ これです

f:id:jh0iam:20200515221155j:plain

3行ともすでに経営統合や経営破綻のため、現在ではこの名称の銀行はありません。

これも懐かしいと感じる方がいらっしゃるかもしれません。

 

-・・・-

 

そういえば、昭和48年10月1日に神戸銀行太陽銀行が合併して「太陽神戸銀行」になり、平成2年4月1日に、その太陽神戸銀行三井銀行と合併して「太陽神戸三井銀行」になるまでの16年半にわたり、都市銀行13行(第一勧業、三井、富士、三菱、協和、三和、住友、大和、東海、北海道拓殖、太陽神戸、東京、埼玉)が定着しており、その時代に大学に通って金融を学び、その都市銀行の中の一つに就職でき社会人のスタートを切れたことから、今も当時のことが強く印象に残っています。

↓ 当時の新聞の株価欄(金融・保険)より

f:id:jh0iam:20200517203808j:plain

当時は証券コード順に、興銀(日本興業銀行)、長銀(日本長期信用銀行)、日債銀(日本債券信用銀行)の3つの長期信用銀行が並び、次いで第一勧銀、拓銀、東銀、といった国策特殊銀行の流れをくむ名門銀行、そして財閥系銀行がズラリと並んでいます。当時はこれが当たり前で、特に意識したことなどありませんでしたが、今、改めて見ますと、我が国の戦前戦後の産業振興を支えてきた名門銀行ばかりなんですね・・・。

 

↓ 現在の株価欄(銀行)

f:id:jh0iam:20200517205430j:plain

当時の面影はすっかりなくなり、長銀の流れをくむ新生銀、日債銀の流れをくむあおぞら銀、それに三菱UFJ、りそなHD、三井住友などが辛うじて長銀と13都市銀行が百花繚乱だったころの名残を感じさせてくれます。

銀行業の証券コードは8300番台ですが、後に地方銀行の合併などで発足した持ち株会社には空き番号が無く、7100番台と7300番台が割り当てられたため、番号順に並べられるきまりになっている株価欄(銀行)の上位にはこうした企業が並ぶようになりました。

株価欄には興銀、長銀日債銀、第一勧銀、拓銀、東銀・・・と並び、消費税など存在せず、高額紙幣は「聖徳太子」だったころが懐かしく感じられます。

3年後に「国体」が「国スポ」に、国民に浸透するかな?

はてなブログをご利用の方や、ブログをお読みの方は、情報通の方が多いのですでにご存知かと思いますが、毎年行われている国民体育大会」が3年後の2023年(令和5年)の佐賀県で開催される大会から、国民スポーツ大会に名称が変更になります。

今年の10月開催予定の鹿児島大会が第75回国体で、来年の三重大会が第76回国体。再来年栃木県で開催される第77回国体が、「国民体育大会」として開催される最後の大会になります。

2023年(令和5年)の佐賀大会からは国民スポーツ大会に名称が変更されます。

てっきり佐賀大会が「第1回国民スポーツ大会になるのかと思いましたら、違っていまして、佐賀大会は初めて行われる「国民スポーツ大会」ですが、「第78回国民スポーツ大会となるのだそうです。

-・・・-

国民体育大会」から「国民スポーツ大会」への名称変更については、「SAGA2023」というサイトに詳細が載っています。

↓ このサイトです

f:id:jh0iam:20200515213228j:plain

↓ 国体から国スポへ 根拠法となる「改正スポーツ基本法」についての記述

f:id:jh0iam:20200515213300j:plain

↓ 国体のシンボルマークは「国スポ」でも継続して使われるようです

f:id:jh0iam:20200515213550j:plain

↓ 変更内容が記されています

f:id:jh0iam:20200515213726j:plain

これによると、英語表記がこれまでの「NATIONAL SPORTS FESTIVAL」から「JAPAN GAMES」に変更になるようです。

-・・・-

世の中全体が、漢字の記述や名称からカタカナやヨコ文字に替わる傾向にありますので、これも時代の流れなんでしょうけど、私はこうした変化をやや受け入れにくい性格なので、慣れるのに時間がかかるかも・・・。

時代の流れに大きく逆行して「國民體育大會」に変更するほうが馴染めたかもしれません。・・・まぁ、これはあくまで冗談として捉えてください(^^)

まぁ、私などは基礎体力も無く、運動能力も平均的な成人男性より劣っていますので、国民体育大会だろうが国民スポーツ大会だろうが、全くの無関係者なんですが、私の実弟は平成5年の東四国大会などその前後数年にわたって選手として国民体育大会に出場していました。身内に国民体育大会出場経験者がいることを密かに、そして勝手に誇りに感じております(^^)

国民体育大会出場経験者や関係者の方には、この名称変更についてどう考えているのか、本音をぜひ訊いてみたいです(^^)

とりあえず45年前に掲げた目標は達成できました

今年4月17日のブログ記事にも書きましたが、私が小学校5~6年生だった昭和49~50年ごろ、国内の中波放送を受信して放送局に受信報告書を送り、受信確認証(ベリカード)を集めていました。

 

↓ 今年4月17日の記事「45年前に掲げた目標を達成するために・・・」

saitama-dame.hatenablog.com

 

45年前、小学生の私では遠距離の放送局の電波を受信できる通信型受信機や受信に適したアンテナなど手に入りませんので、四国や九州にある小出力の放送局は受信できませんでした。

そこで当時の私は、比較的安定して受信できる「大都市にある出力20キロワット以上の中波放送局全てから受信確認証(ベリカード)を得ること」を目標にしました。これでしたら簡単に達成できるだろうと考えていました。

ところが、中学校に入学するころから放送受信からアマチュア無線に興味の対象がシフトし、いつしか放送受信から遠ざかってしまいました。

札幌、仙台、東京、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、広島、福岡の10都市にある17の中波放送局のうち、13局からは受信確認証(ベリカード)をいただいておりましたが、北海道放送(札幌)、東北放送(仙台)、東海ラジオ(名古屋)、ラジオ大阪(大阪)の4局には受信報告書を送ってなく、当然受信確認証(ベリカード)は手許にありませでしん。

最近になって、小学校6年生のころに掲げた目標を思い出し、45年の時を隔てて先月下旬から前述の4つの放送局に受信報告書を提出し、4局から無事に受信確認証(ベリカード)をいただくことができました。

 

↓ 4局から受信確認証(ベリカード)を受け取り、45年前の目標を達成しました

f:id:jh0iam:20200513212034j:plain

左上 北海道放送   右上 東北放送

左下 東海ラジオ   右下 ラジオ大阪

 

↓ カードとともに送られてきた各放送局の番組表。これも嬉しいですね(^^)

f:id:jh0iam:20200513212251j:plain

 

↓ 北海道・東北・関東にあった2つの空白を・・・・

f:id:jh0iam:20200513212411j:plain

↓ 45年かけて埋めることができました\(^o^)/

f:id:jh0iam:20200513212528j:plain

 

↓ 東海・近畿(京都・大阪)にあった2つの空白も・・・

f:id:jh0iam:20200513212637j:plain

↓ 45年かけて埋めました\(^o^)/

f:id:jh0iam:20200513212725j:plain

↓ 神戸・広島・福岡は45年前に全て揃っています

f:id:jh0iam:20200513212939j:plain

45年も放置していた目標を達成でき、とりあえずホッとしています。

-・・・-

新型コロナウイルス感染拡大を防止しなければならない中で、こうした不要不急の受信報告書を提出することは、放送局の方々や郵便配達の方に負担をかけてしまうのではないかと戸惑いと躊躇いの気持ちがありました。

その分受信報告書には受信状態や混信局の詳細、番組に対する感想や要望などを丹念に書き連ね、放送局に役立つ報告になるようにと心掛けましたのでお許しいただけるのではないかと考えた次第です。

10大都市の出力20キロワット以上の中波放送局の全てから受信確認証(ベリカード)をいただくことはできましたが、昭和56年4月に南日本放送(鹿児島)が出力5キロワットから20キロワットに増力していましたので、この南日本放送の受信および報告書の提出を急ぎたいと思います。

今後は地方都市にある出力5~10キロワット級の中波放送局に対して一局ずつ丁寧に受信報告書を送りたいと思います。

また、FMラジオは、私が熱心に放送受信をしていたころには首都圏にはFM東京(現在のTOKYO FM)1局しかなく、全国でも東京、名古屋、大阪、福岡の4局しかありませんでした。受信確認証(ベリカード)を持っているのはFM東京だけですので、首都圏のFMラジオ各局もアプローチの対象にしたいと考えます。

東京にある民放キーTV局の電話番号に対するこだわり・・・

今日の話題は首都圏在住以外の方にはやや解りにくいかもしれませんが、お付き合いくだされば幸いです。

 

↓ 毎日読んでいる新聞のテレビ番組欄なんですが・・・

f:id:jh0iam:20200511225940j:plain


東京には、広域キー局と呼ばれる民放テレビ局が5つあります。

4チャンネル(正しくはリモコンキーID=4) 日本テレビ

5チャンネル(正しくはリモコンキーID=5) テレビ朝日

6チャンネル(正しくはリモコンキーID=6) TBSテレビ

7チャンネル(正しくはリモコンキーID=7) テレビ東京

8チャンネル(正しくはリモコンキーID=8) フジテレビ

 

テレビ番組欄には、各テレビ局の電話番号も載っています。

↓ リモコンキーID=4の「日本テレビ」とリモコンキーID=5の「テレビ朝日

f:id:jh0iam:20200511204442j:plain

日本テレビの電話番号の下4桁はリモコンキーID=4なので「4444」

テレビ朝日の電話番号の下4桁はリモコンキーID=5なので「5555」

 

↓ リモコンキーID=6の「TBS」とリモコンキーID=7の「テレビ東京」は

f:id:jh0iam:20200511204754j:plain

TBSテレビの電話番号の下4桁はリモコンキーID=6なので「6666」

テレビ東京の電話番号の下4桁はリモコンキーID=7なので「7777」

 

残る8チャンネル(リモコンキーID=8)のフジテレビは・・・1986年(昭和61年)までチャンネル番号の「8」をデザインにしたロゴマークを使っており、当時は誰でもフジテレビのロゴマークを知っていました。それだけに「8」に強いこだわりを持っているのではないかと思います。

 

↓ かつては誰もが知っていたフジテレビの「8」のロゴマーク

f:id:jh0iam:20200511210053p:plain

↑ wikipediaさんからお借りしました

 

 

↓ リモコンキーID=の「フジテレビ」の電話番号・・・、 え、あれ??

f:id:jh0iam:20200511205924j:plain

なんと、フジテレビの電話番号だけが自局のチャンネル番号(リモコンキーID)の「8」ではないんです。前述の通り、フジテレビが最もチャンネルの番号「8」に愛着を持っていそうですが、これは意外でした。

-・・・-

この話題は数か月前から書きたいな・・・と思っていましたが、話題の対象が首都圏在住の方に限られる上に、首都圏在住の方でしたら案外誰でも知っているのではないかと思いがあり、書くのを躊躇い、温めていました。

 

テレビ番組欄に記されている電話番号にまで敏感に反応したりこだわりを持ったりするるのは、私がHSP(Highly Sensitive Person)だからかもしれません。

HSPについては5月7日の記事に書いてありますので、サラッとご覧いただければ幸いです。

↓ 5月7日の記事「私はダメ人間ではなくHSPなのかもしれない」

saitama-dame.hatenablog.com

大相撲とプロ野球のこんな珍記録をご存知でしょうか?

本来ならば明日(5月10日)が大相撲夏場所の初日のはずだったのですが、4月3日の臨時理事会で2週間の延期が決まり5月24日が夏場所の初日に・・・、と思ったら、5月4日に夏場所開催中止」が発表されました。

名古屋場所も2週間延期して7月19日が初日の予定ですが、開催地を名古屋から東京に変更して無観客開催を目指すとのことです。

緊急事態宣言が5月末まで延長された状況下では、残念ですが夏場所(5月)の中止は仕方がないものと諦めますが、7月までには新型コロナウイルス感染の勢いが弱まり、7月場所がどのような形でもいいので開催されるよう切に願うばかりです。

日本プロ野球6月19日開幕に向けて準備を本格化しているとの報道もあります。一日も早く通常の状態に戻ってほしいと思います。

-・・・-

さて、私は大相撲やプロ野球を観戦する際に最も期待しているのは、滅多に見ることができない大記録や珍記録が目の前で起きることなんです。といっても、大記録や珍記録などそうそう滅多に現れることなどありません。ほとんどの場合は、書物や雑誌、資料などで知ることになりますが、見事な珍記録には惚れ惚れしてしまうことがあります。

2年前の6月18日のブログ記事でも、昭和40年5月11日の、巨人×広島戦の4回オモテに発生した、日本プロ野球史上唯一の「キャッチャーライナー」を取り上げました。私、個人的にはこの「キャッチャーライナー」が日本プロ野球史上最大の珍事だと思っています。

 

↓ この記事です

saitama-dame.hatenablog.com

-・・・-

 

さて今日は大相撲と日本プロ野球の珍記録をそれぞれ1つずつ紹介したいと思います。ただ、「はてなブログ」を書いたり読んだりされている方は博識な方が多いので、すでに知っていることかもしれません。知っている方はスルーしてください。

 

まず大相撲の珍記録から。昭和36年9月場所、東張出小結の前田川の星取表をご覧ください。

 

●●●  ●●●●●  ●●●●●  2勝13敗

柏羽若大北 栃大佐青明 栃出羽琴鶴

 黒乃 葉   田ノ武 ノ羽黒ケケ

戸花花鵬山 光晃山里谷 海錦山濱嶺

 

この場所2勝13敗の前田川ですが、初日に柏戸、4日目に大鵬とのちに「柏鵬時代」と呼ばれる一時代を築く2人の大関を撃破したものの、他の力士には全敗。しかも前田川に敗れた柏戸大鵬はともにこの場所は12勝3敗の好成績で場所後に揃って横綱に昇進しています。それだけに極めて珍しく印象に残る星取表となっています。

前田川は岩手県出身、激しい突き押し相撲を武器に昭和30年代後半の数年間は幕内上位で活躍し「突貫小僧」の異名がありました。

 

-・・・-

 

次にプロ野球の珍記録です。昭和13年7月3日に阪神甲子園球場で行われた、阪急×イーグルス 3回戦のスコアをご覧ください。イーグルスのエース亀田投手が阪急打線を散発4安打で完封勝利を挙げた試合です。

                 計

阪   急  000000000 0

イーグルス  10000000X 1

 

勝利投手 亀田(11勝5敗)  敗戦投手 重松(1勝1敗)

 

ここまでは特に珍しいことはありません。では阪急打線のこの試合での打撃成績をご覧ください。

       打安点振球

(9) 西 村  30001

(7) 山 田  44000

(5) 黒 田  40010

(8) 堀 尾  40010

(3) 宮 武  30000

 打  浅 野  00001

(6) 野 上  30001

(4) 宇 野  20001

 打  山下好  10010

(2) 大 原  20011

 打  山下実  10010

(1) 重 松  30010

   計    30 065

 

4安打完封で敗れた阪急の中で、2番打者の山田伝1人が4安打を放って気を吐いた試合。こうした例は日本プロ野球史上他に例がありません。かなり珍しい出来事だと思います。

この山田伝(やまだ でん)選手は俊足巧打で知られ、戦前2度の盗塁王に加え5年連続打撃10傑入り。守備の際にはどんな打球でも身体の中央のヘソの部分で捕球したことから「ヘソ伝」と呼ばれ人気を博していたそうです。

私はダメ人間ではなく「HSP」なのかもしれない

正月休み明けから楽しみにしていたゴールデンウィーク5連休が終わり、今日からまた通常の生活サイクルに戻ります。

-・・・-

ゴールデンウィーク明け、盆休み明け、秋の連休明け、そして年末年始の連休明けは本当に辛いです。ですが、今はコロナ禍で資金繰りに窮している方や、危険を冒して休みなく働いている医師、看護師など医療関係の方が全国にはたくさんいらっしゃいますので、弱音などは吐いてはいけません。今日からまた働きに行ける場所があることを幸せに思い、喜んで出勤したいと思います。

-・・・-

この度のゴールデンウィークが終わることについては、このように落ち着いていますが、これまで勤め人になってから33年間、大きな連休が明ける際には必ず大きく落ち込んで口数が減り落ち着きを失っていました。

もっと遡れば、幼稚園に入園した昭和43年から大学を卒業する昭和62年春までの約19年間も、夏休み、冬休み、春休みの最終日などはやはり気分が沈み込んでいました。特に勉強ができないわけでもなく、イジメを受けていたわけでもありません。それどころか、小学校では学級委員や児童会書記、中学校では生徒会会計委員に任命されていましたので、周りの人々の目には明朗快活な人と映っていたのではないかと想像します。

でも実際は違うんですよね。50年くらい前から長期の休暇が明ける日や月曜日の朝はユウウツで仕方が無かったんです。

学校でさえそんな状態ですから、職場なんかもう地獄です。大きな連休が明ける日だけでなく、毎週月曜日を迎える際は今でもツラいです。勤め人を33年やってますので、月曜日を迎える苦しみを約1650回耐えてきたことになります。どうやって耐えてきたのだろうかと自分でも不思議に感じています。

-・・・-

この言いようのないツラさの原因は何か、長年にわたり考えてきました。アスペルガーなのかADHDなのか、アダルトチルドレンなのか、それとも何らかの発達障害なのか・・・、自分を苦しめるものは何なのかを探しましたが、どれもイマイチ違うんです。

ところが最近、染井アキさんという方が著した「ダメ人間だと思ったらHSPでした」という書物を読み、「HSP」が自分に最も当てはまると思い始めました。

↓ この書籍です。産業編集センター発行。151頁

f:id:jh0iam:20200506235335j:plain

HSP(Highly Sensitive Person)とは、普通の人より五感が鋭く、精密な中枢神経系を持ち、良い刺激にも、悪い刺激にも強く反応する感受性の強い人のことだそうで、Wikipediaに詳細が記されていますので貼ってみます。

 

↓ Wikipediaの「ハイリー・センシティブ・パーソン」の項

ja.wikipedia.org

 

先ほど紹介しました「ダメ人間だと思ったらHSPでした」という書にも、ご自身がHSPである著者の染井アキさんのこれまでの人生の中で、今思い起こせばHSPだからこそ出くわしたさまざまな場面での人間関係における戸惑いや葛藤、対立などがコミカルに語られており、楽しく読み進めながらHSPとはどんなものなのかを知ることができます。好著です。

-・・・-

冒頭申し上げましたように、ゴールデンウィークが終わり、今日はいつもなら気が狂いそうなほど落ち込むのですが、コロナ禍で苦しむ事業主や学生の方々や大変な職務に従事する医療関係の方々に対して申し訳ないという気持ちと、長年にわたり感情を揺さぶり続けてきたものは「HSP」ではないかと判明しかけてきたことにより落ち着いて連休明けを迎えることができております。

この書籍のタイトルの通り、私が実は「ダメ人間」ではなく「HSP」なのであれば、このブログのタイトルも「埼玉在住中小企業勤務Highly Sensitive人間の思うところ・・・」への変更を検討しなければなりませんね・・・。

「こども」のころに最も嬉しかった出来事はこれです

外出しない5連休となりましたので、開設しているアマチュア無線局の変更申請でも書こうと思い、過去に総合通信局(電波管理局)に提出した申請書類などの控えを取り出そうとしましたら、昭和52年4月に受験した電話級アマチュア無線技士(現在の第四級アマチュア無線技士)」の国家試験の受験票と合格通がポロッと出てきました。

↓ 左が受験票、右が合格通知 (ラジオの製作という月刊雑誌の付録の用紙を利用)

f:id:jh0iam:20200505172432j:plain

捨てた記憶は無かったのですが、見当たらないなあ~、どこにしまったかなぁ? などと考えることはありました。30年ぶりくらいのご対面でしょうか。

今日は「こどもの日」の祝日ですので、「こども」のころに最も嬉しい出来事だった、この国家試験の合格について記します。

-・・・-

この受験票と合格通知は昭和52年の春ですので、私が中学1年から2年に進級するころのものです。

今でこそ、第四級アマチュア無線技士の国家試験は全国各地で受験ができ、受験機会も頻繁にありますし、養成講習会も全国各地で行われていますので、資格を得るハードルはかなり下がっているように感じます。

当時のアマチュア無線技士国家試験は4月と10月の年2回。会場も原則として電波管理局のある都市(全国11会場)でしか行われませんでしたので、遠隔地に住んでいる者(特にこども)にとっては受験することだけでも大変なことでした。

実際、私の通う中学校でも、アマチュア無線に興味のある友人は何人かいまして、私なんかより数学や理科の成績が優れ、半田ごてやテスターを器用に使いこなしてラジオを作ったり修理したりしていた人たちなのですが、遠く離れた試験場まで行くことを親が許してくれなかったり、家庭がそれほど裕福ではなかったりで、受験することすら叶わなかった人が何人かいました。

-・・・-

私はたまたま親の理解が得られて、受験願書を提出することができましたが、新潟県のしかも北東部から長野県長野市の試験会場まで一人で行くことは許されず、受験当日は父親が勤め先に有給休暇を申請して受験地の長野市まで付き添ってくれました。父親が勤め先を休むことなど殆どありませんでしたので、ビックリした記憶があります。

私は受験当日の4月7日(木曜日)が、中学校が春休み中だったのか、それとも学校を休んで受験しに行ったのか、その記憶がありません。

親に仕事を休ませて付き添ってもらっていますので、絶対に不合格となるわけにはいきません。入念に受験勉強をし、問題集を何度も繰り返し解いて、万全の態勢で受験に臨みました。

その甲斐あって無事に合格できました。受験日からちょうど2か月後の日付の合格通知が郵送されてきましたが、この嬉しい嬉しい合格通知が郵送で手許に届いたのはいつだったのかを改めて調べてみました。

↓ 受験票(左)と合格通知(右)の郵便の消印

f:id:jh0iam:20200505180810j:plain

↓ 昭和52年3月~6月のカレンダーも貼りますね・・・

f:id:jh0iam:20200505175308j:plain

受験票は3月23日(午後)の消印がありますので、翌々日の3月25日に受け取っていたものと思われます。そして、格通知には6月7日(午後)の消印がありますので、翌々日の6月9日(木曜日)に手許に届いているものと思われます。

あ、今思い出しましたが、学校から帰宅したら合格通知が届いていて、すぐに近所の開業医の先生を訪ねて診断書(視力や聴力、聾唖、四肢、精神耗弱・・・だったかな)を書いていただいたのが確か木曜日だったように記憶しています。当時はアマチュア無線技士でも、免許証を申請するには医師の診断書の添付が必要でした。(現在は原則不要)

-・・・-

受験した日から2か月経ってようやく届いた合格通知。これを手にした瞬間がこどものころに最も嬉しかった出来事として記憶に残っています。当時居住していた市内で、同じ昭和38年生まれで免許保持者はすでに数人いて、違う中学校に通っていましたがすでに交流はありました。この合格で自分も免許保持者の仲間入りが確定し、本当に、本当に、もの凄く嬉しかったです。なお、この数人のうちの1人(国立大学法人職員)とは現在まで44年近くも親しくしていただいております。友人が極端に少ない私にとっては稀有でありがたい存在・・・(^^)

 

あれから43年経過していますが、その時の猛烈な嬉しさと、受験を許してくれた親への感謝の気持ちがありますので、細々とではありますがアマチュア無線を止めることなく続けて現在に至っています。

-・・・-

中学2年からしばらくアマチュア無線にのめり込み、学業成績がガタガタになりまして、高校受験だけは辛うじて第1志望の県立高校に滑り込めましたが、大学受験では希望する国立大学受験に2年連続失敗することになります。

もしもこの時に、アマチュア無線技士国家試験の受験が許されず、無線とは縁の無い学生生活を送り、勉学に専念していれば、国立大学に現役で合格して違う人生を着実に歩んでいたのではないかと、考えたこともありますが、無線をやっていなくても、のめり込む対象が他の趣味に替わるだけで、結局は大学受験は失敗していただろうと思います。(^^)ゝ

せっかく他の人々よりも早く、14才でアマチュア無線を始めたのですから、アマチュア無線歴の還暦(無線局開設60年)を目標にしたいと本気で思っています。2037年(令和19年)9月です。