埼玉在住中小企業勤務ダメ人間の思うところ・・・

日頃言いたくても言えないことを吐露します。不愉快に感じる方は読まないでください。

今年2回目の投稿。近況報告をいたします

元日以来、今年2回目の投稿です。

このところ勤め先を訪ねてこられるお取引先の方々から「ブログ、やめてしまったんですか?」と尋ねられる機会が増えております。この問いに対しては「やめてしまったわけではないんです。投稿頻度を高めるよう努めますのでもうしばらくお待ちいただければありがたいです」と答えております。

また、お取引先の方々からは「本当にお勤めを辞めるんですか? できれば辞めないでただきたい・・・」と仰っていただいたり、「こちらを退職されたらウチで働きませんか?」と誘って下さるケースもあります。どちらのお言葉も勤め人として本当に嬉しく思います。

-・・・-

昨年12月29日から新年1月3日までの年末年始6連休は、例年の連休よりも落ち着いて過ごすことができました。あと半年くらい勤めれば今の勤め先から離れることができそうで、気持ちにかなりの余裕が生じています。そのためか、年初の仕事始めの日でも緊張することはありませんでした。こんなに落ち着いた気持ちで迎える仕事始めは初めてです。

今年に入りすでに3週間が経過していますので、定年退職に向けて準備を始めなければなりませんが、毎日毎日目の前の案件を捌くので精一杯の状態で、退職に向けての行動の進捗はほぼゼロです。

会社側からの「4月1日付で後任者を用意する。6月いっぱいまで業務引継をして、7~8月は余っている有給休暇消化~退職、といったスケジュールでどうか」との提案を受け、私もそれに応じる旨の回答をしております。したがって実際に引継書を作成したり、業務の引継、作業環境の整備や再構築などは4月1日以降になると思われます。引継いで下さる方には、業務のノウハウだけではなくできる限り働きやすい環境を残して差し上げたいと考えております。

今年に入り、社内では常に何人かが新型コロナウィルスに感染している状態が続き、どの部署も人手不足で大変な状況。加えてハローワークなどに求人を出しても応募は殆ど無いようですので、「4月1日付で後任者を用意する」という会社側の提案は一体どの部署から異動してくる人なのか全く見当がつきません。

 

-・・・-

これからは、今日のような短篇記事で思いつくままに近況報告や定年退職に向けた行動の進捗などを小刻みに投稿するよう心掛けますので、気が向いた時に目を通していただければ嬉しいです。お取引先のみなさまから「ブログ読んだよ!」と、声を掛けていただければさらに嬉しいです(^^)ゝ

12月も毎日交信、2年連続運用皆勤賞達成

標題の通り、2022年は1月1日から12月31日までの1年間、365日、1日も休まず電波を発射し交信できました\(^o^)/

2年連続で元旦から大晦日までQSLカード交換を前提とした交信もしくはコンテストで有効な交信を続けたことになります。なお、連続運用は2020年12月30日から今日(2023年1月1日)まで733日まで伸ばしています。

 

↓ 2022年1月1日の業務日誌



↓ 2022年12月31日の業務日誌



晦日は365日連続交信を達成したので14時16分で打ち止めです(^^)

 

交信していただいた方はもちろんですが、このブログで応援してくださったみなさまには心より感謝申し上げます。昨年もそうでしたが、アマチュア無線のことを知らない方から1年間継続を願ってご声援をいただいたことは意外で、非常に嬉しく感じました。知らない分野であってもブログ仲間だからという理由でと、無条件に応援してくださる懐の深さと心の温かさを感じました。改めて御礼を申し上げます。

-・・・-

それでは12月の交信の内訳をお知らせいたします。

12月の31日間のQSLカード交換等を伴う交信は151でした。交信局数はそれほど多くはありませんが、とにかく毎日確実に1局以上交信をすることだけを考え、できる限り早く帰宅して無線交信の時間を多く確保するよう心掛けました。

-・・・-

◎12月の交信の周波数別内訳

    1.8MHz    5局

    3.5MHz     84局

   7MHz   12局

  50MHz    6局

 144MHz   22局

 430MHz   22局

     計   151局

12月は国内コンテストが少なく、KCWAコンテストと1エリアAMコンテストの2つのみの参加です。加えて平日は激務をこなしての帰宅後力尽きて急激に眠くなり、仮眠をとることが多くなり、1か月間のQSO数は伸びませんでした。HFは冬のコンディションになっていますので3.5MHzのFT8をメインに運用しています。3.5MHzのコンディションが不調の日は144MHzや430MHzのFT8にオンエアして確実に連続交信日数を伸ばすことだけ考えました。

 

◎12月の交信の電波形式別内訳

 CW      31局

 SSB      0局

 FM       0局

 AM       6局    

 FT8    111局

 FT4      3局

     計  151局

FT8が7割強、CWはKCWAコンテスト、AMは1エリアAMコンテスト参加時の6局のみ。SSBとFMは0局。通常のQSOはFT8メインになっています。CWは過去に交信したことがある局が大半のため、毎日新たな局(過去に交信したことが無い局)を探すにはFT8中心の運用をする必要があります。

 

◎今月も一覧にしてみました

          CW SSB FM FT8 FT4  AM     計

  1.8MHz              5            5

  3.5MHz  21         63           84

    7MHz  10          2           12

   50MHz                      6       6

  144MHz             21   1       22

  430MHz                20   2       22

   計      31  0  0   111     3   6   151

 

また、12月は記念局と6局交信できました。

 

◎ 12月に交信した記念局(交信した日時の順)

8N1789FM/P (3.5 FT8)

8J3IPA (3.5 FT8)

8J3S/3 (3.5 FT8)

8N3H75Y/P (3.5 FT8)

8N1NTT (430 FT4記念局とのQSOでFT4は初めてです

8N1NTT (144 FT8)

2年連続で元日から大晦日まで365日連続交信を達成し嬉しく思いますが、これをさらにできる限り伸ばし続けたいと思います。今年は現在の勤め先を退職し、それに伴う社宅退去、新居への引っ越しなどが予定されていますので、状況としては非常に厳しいとは思いますが、バッテリーで作動する移動運用機器なども駆使して、1000日連続運用そして3年連続毎日交信を目指したいです。

お歳暮で「ポンジュース」いただきました、ブラボ~!!

標題の通りです。お歳暮はお取引先や趣味の仲間などから何点か届きます。お贈りいただいたどの品も大変嬉しく、喜んで頂戴しておりますので甲乙つけたり、ランク付けなどするのは甚だ失礼なことは承知しておりますが、やはりポンジュース」は特別ですv(^^)v

↓ お歳暮で頂戴した「ポンジュース14.4リットル」\(^o^)/

これは嬉しいです。ブラボ~

-・・・-

間もなく2022(令和4)年が終わり、2023(令和5)年を迎えます。

今年はゴールデンウィーク明けの頃から仕事量が増大し始め、盆休み明けから休日出勤や平日残業が日常化し、4年以上継続してきたブログも不定期投稿となってしまいました。11月の投稿数は1回、12月の投稿数はこの投稿を含めても4回と低調です。

勤め先の会社ですが、来年はさらに受注量が増えることと、数人が退職するが判っていますが、新たな人材の採用が困難で大変なことになると思います。

年末年始の連休の間はブログ投稿ができますが、連休が終わってしまうと投稿が低調になってしまうと思います。しかしながら「投稿したい、続けたい」という意欲だけは失いたくないと改めて感じます。

-・・・-

趣味のアマチュア無線は2022年も元日から大晦日まで365日連続運用できました。明日はその詳細について投稿したいと思います。

それではみなさま、良いお年をお迎えください(^^)

17年連続17回目、最後のカレンダー貼替作業

みなさま大変ご無沙汰いたしております。12月13日以来、今月3回目の投稿です。

勤め先の年末年始の連休は昨日(12月29日)からで、ようやくブログ再開できるかな・・・、と思っていましたが、昨日は年賀状の印刷や網戸・障子の貼替、電気配線の部品や灯油の調達で外出していましたら連休初日はあっという間に終わってしまいました。

今日こそは何とかブログ復活の足掛かりを築きたいと思います・・・。

-・・・-

このところ、お取引先の方々や趣味の分野でお世話になっている方々にお会いするとよく「ブログ、止めてしまったんですか?」と訊かれます。

その際には「1か月間に1回も投稿が無かったら、ブログは止めてしまったと判断してください」と答えております。みなさまに気にしていただいて心よりありがたいと思っております。

極端な人手不足の中での前例のない大量受注で多忙な日々が今も続いています。加えて自身の体力や気力、判断力や記憶力の衰えが重なりバテバテです。

年末年始の連休期間中も、職場から持ち帰ってきた軽作業を消化しなければなりません。それでも連休はとても嬉しいです。ホッとします。

-・・・-

-・・・-

標題の通り、勤め先の事務所のカレンダーの貼替作業を行いました。12月28日のことです。作業工程の打ち合わせや現地工事の予定、発注計画を練る際に非常に便利なため、1年分のカレンダーを一目で確認できるように貼っています。私がこの作業を行うのは17年連続17回目ですが、来年の今ごろは私は今の勤め先には在籍していないと思いますので今回で最後です。最後ですので、カレンダー貼替作業の様子をご覧いただきたいと思います。

 

毎年同じお取引先からいただく、視認性に優れたカレンダー。これを1月から12月までの12枚を1枚ずつ丁寧に切り離します。

↓ 申し訳ないのですが、お取引先(スポンサー)名等が記された部分は切り落とします

↓ カレンダーを切り離した際に生じるギザギザ(バリ)も切除します

↓ お取引先(スポンサー)名とバリを取り去って完成したバラバラのカレンダー12枚

↓ 1年前に貼った2022(令和4)年のカレンダー、これから剥がします

↓ 今年のカレンダーは剥がしました。この壁面は1年間でこの数時間だけ見られます

↓ カレンダーの裏面7カ所に両面テープ(10mm×25mm)を貼ります

↓ 1月から順に貼っていきます。脚立を使い、ヘルメット着用での作業です

↓ 6月まで貼りました。あと6枚貼れば完成です

↓ 12月まで貼り終え、完成しました。

↓ 反対方向(12月の側)からも撮影します

2007(平成19)年から今年まで17年連続でカレンダーの貼替作業を請け負ってきましたが、今年で最後です。12枚×17年=204枚のカレンダーを貼り替えてきたことになります。

この作業、来年は誰がやるんだろう???

↓ 貼り終えたカレンダー、退職時期となるであろう6月~8月あたりに視線を送る

以上がカレンダー貼り替え作業の手順でした。明日(12月31日)は、この12月にいただいたお歳暮の品の中で最も嬉しかったお品を披露します。

久し振りの投稿に目を通してくださりありがとうございました。年末年始の休暇の期間中はできる限り投稿するよう努めます。

2週間前ですが・・・QSLカード215枚届きました(^^)v

2週間も経ってから報告することになって恥ずかしいのですが、11月末にJARLビューローからQSLカード215枚が届きました。

-・・・-

アマチュア無線家の人たちは交信した事実を証明するために、ハガキ大のカード(QSLカードと称しています)を交換する習慣があります。カードをたくさん集めて、都道府県が揃った! とか、国内の全市全郡コンプした! とか、世界の100の国や地域が集まった! とかで喜んでおります(^^)

 

日本アマチュア連盟の会員には、奇数月の月末にQSLカードが届く人と偶数月の月末に届く人がいますが、これは原則として、コールサインの属する地域に依ります。関東地方に住んでいるのに信越地方コールサインを用いている私には、信越地方に住む方々と同じ奇数月の月末に届くことになっています。2か月に1度のQSLカードの到着を楽しみにしています。

 

11月のQSLカードは11月30日に215枚届きました。

↓ 11月30日に届いたQSLカード。奇数月の月末が近づくとワクワクします(^^)

綺麗なカードや趣向を凝らしたカード、無線界の著名人のカードなどをご覧いただきたいのですが、住所やお名前などの個人情報も明らかになってしまう恐れがありますので、記念局や特別局のQSLカードだけ紹介します。

 

↓ 今回届いた記念局や特別局のQSL

 

↓ 今回届いたQSLのみで「8N#OLP」のAJD完成です

 

↓ 前回届かなかった8J7OLYMPICのカードが届き「8J#OLYMPIC」もAJD無事完成

 

↓ ついでに「JA1TOKYO」も同じカードですが10枚並べて撮影(^^)ゝ

JA1TOKYOのQSL10枚ありますが、周波数帯やモード、運用場所(豊島区/西東京市)が同一のものはありません。なお、JA1TOKYOのQSLは7月末に届いています。

-・・・-

今回もJARLビューローの転送の遅れについて調べてみます。

昨年11月末から今回までの6回のQSLカードの最も後にQSOした日付を調べますと・・・

11月末(12か月前)  5月21日QSO

 1月末(10か月前)  6月30日QSO

 3月末(8か月前)   8月15日QSO

 5月末(半年前)   10月 4日QSO

 7月末(前々回)   11月30日QSO

 9月末(前回)     1月14日QSO

11月末(今回)     3月 5日QSO

昨年11月末(12か月前)は最速6カ月+10日で届いていましたが、1月末では最速7か月になり、3月末は最速7か月半、5月末は7か月+26日、前々回は最速8か月弱。そして前回は最速8か月半、今回は最速8か月+25日となりました。前回に比べてさらに10日ほど遅くなり、交信後10~11か月後にQSLが届くのが標準で、運が良ければ9か月で到着するといった状態ではないかと思います。

今日の記事は、無線に興味の無い方、無線に興味があってもQSLカードに関心の無い方には不毛な記事に感じられたかもしれませんが、とにかく最後までお読みいただきありがとうございました。(^^)ゝ

次は近況報告など無線以外の記事を投稿します・・・。

11月も毎日交信、2年連続運用皆勤賞は目前

約1か月にわたりブログ投稿を怠ってしまい申し訳ございません。

11月に入りましても勤め先の状況は変わらず、業務量は増加の一途をたどっております。今の勤め先に入社したのが37才の時でしたが、22年経ち定年退職目前になってこれほどまでに多忙な日々がやってくることなど全く予想外でした。

全国の中小事業者の共通の悩みである「甚だしい人手不足」が私の勤め先の会社にも襲いかかり、先の見通しが立たない状態がしばらく続きそうな気配です。経験豊富なベテランの高齢化(概ね67~70才)による退職や有能な若手の有力企業へのポジティブな転職で人材の層がどんどん薄くなっていますが、入社を希望する方の応募が殆どないため人員の補充ができていません。ここ数年の間に定年退職して悠々自適に過ごしている70才前後のOBにアルバイトでカムバックできないかと声を掛けているようですが、70才前後の方にはキツイ作業であることを知っているだけに、誘いに応じるOBはいないようです。

私は半年後の2023(令和5)年5月で60才の節目を迎えることから、その時点で退職する旨を会社側に伝え、了承も得ています。さまざまな事情で後継人事の調整が遅れた場合、後継者への引継ぎ期間は考慮することは譲歩していますので、実際に退職するのは来年秋ごろになるかもしれませんが、それでも来年の今ごろは現在の勤め先には在籍していないだろうと思います。

-・・・-

1か月もブログ投稿しませんでしたので、もしかすると「過労で倒れたか・・・」と心配してくださった方もいらっしゃるかもしれませんが、そのようなことにはなっておりません。処理しきれない事務作業(図面や工程表など)を自宅に持ち帰って捌いたり、サッカーW杯の深夜のテレビ中継を観戦してしまって睡眠不足になってしまったり、退職による社宅退去後の住居選びで不動産会社のサイトを丹念に検索したりで、やや疲れを引きずっていたり、多少の関節痛はありますが「病気や怪我」とは今のところ無縁です。

向後はみなさまにご心配をおかけしないよう、ブログ投稿の間隔をあまり開けないよう心掛けます。また、みなさまのブログ記事が未読になっていることに対する後ろめたさもありますので、急いで拝読したいと考えております。

-・・・-

-・・・-

さて標題の通り、11月も毎日1局以上の交信ができました。昨年(2021年)は元日から大晦日まで365日連続交信ができましたが、2022年に入りましても連続日数交信の記録は継続中で、ここまで23カ月連続皆勤賞となり今も記録更新中です。大晦日まで毎日交信を続けますと、2年連続(730日)運用皆勤賞となります。

 

11月3日の記事にもありますが、ブログ記事の投稿はかなり知的な作業で、精神的に疲弊した状態では困難ですが無線の交信(モールス符号などの送受信)は呼吸をするのと同じくらい簡単にできます。極端なことを申せば、疲労困憊で物事を考えられない最悪な状態でもモールス符号の操作は右手が勝手に動いてくれます。

無線の交信は短いもので20秒程度、パソコンを繋いだ文字通信でも1分半程度で交信は成立します。どんなに疲れていてもどんなに眠くても無線通信は息を吸ったり吐いたりするのと同様にカンタンにできます。そこがブログ記事投稿との大きな違いです。

-・・・-

11月の30日間のQSLカード交換を伴う交信やコンテストでの有効な交信は233でした。

 

◎11月の交信の周波数別内訳

  1.9MHz    8局

  3.5MHz     45局

   7MHz   16局

  10MHz   14局

  14MHz    7局

  21MHz    1局

  50MHz   10局 

 144MHz   36局

 430MHz   94局

1200MHz    2局

     計   233局

144MHzはサバイバルマラソンコンテスト、430MHzは東京UHFコンテストに参加したため交信局数が増えました。

 

◎11月の交信の電波形式別内訳

 CW      73局

 SSB     33局

 FM      34局  

 FT8     93局

     計  233局

FT8が4割、CWが3割、PHONEが3割と偏りなくさまざまなモードの運用を楽しめました。

 

◎今月も一覧にしてみました

          CW  SSB  FM  FT8  FT4     計

  1.9MHz                  8             8 

  3.5MHz   5             40         45

    7MHz   9              7         16

   10MHz   6              8         14

   14MHz   7                         7

   21MHz                  1          1

   50MHz  10                        10     

  144MHz       33         3         36

  430MHz  36        32        26         94

 1200MHz             2              2  

   計      73   33   34     93      0   233

 

続いて11月にQSOできた記念局や特殊局です。11月はのべ8局とQSOできました。

◎ 11月に交信した記念局・特殊局(交信した日時の順)

・8N3OKS (10/CW)

・8J2NGKT/2 (7/CW)

・8N145M/1 (7/CW)

・8J3WL/P (7/FT8)

・8J100KED/1 (430/FM)

・8J3S/P (3.5/FT8)

・8N1NAOMI/1 (144/FT8)

・8J1H90T/1 (3.5/FT8)

 

以上が11月の交信実績です。2022年は今日(12月4日)まで338日連続交信となりました。残る27日も毎日交信を続け、2年連続運用皆勤賞を狙いますv(^^)v

そして、ブログの立て直しにも努めます・・・(^^)ゝ

10月も毎日交信、22か月連続皆勤賞 v(^^)v

11月3日、文化の日の今日も休日出勤。電話も来客もないので事務作業は平日の5倍速で捗ります。

勤め先の会社では、「ほぼ毎週休日出勤をしなければならない人々」「休日出勤は殆どしたことが無い人々」とに真っ二つに分かれます。

同じ会社に属しながら、業務量、責任の重さ、プレッシャーの度合などが極端に異なり、その不公平さやバランスの悪さに苛立ちを覚えます。誰もが等しく苦労しているのなら諦めもつきますが、あまりにも能力や意気込みが低く仕事を任せられない職員が多数おり、一定以上の責任感や職業倫理感を持つ者たちにだけ負荷がかかる仕組みになっています。

最近では、意気込みが低く責任感も無くずる賢い輩に対しても叱ったり、注意喚起、警告などをすれば、すぐにパワハラだとかでやり玉に挙げられてしまいますので、何も言えません。これは全国どこの事業所も似たようなものではないかと察しております。

-・・・-

さて標題の通り、10月も毎日1局以上の交信ができました。昨年(2021年)は元日から大晦日まで365日連続交信ができましたが、2022年に入りましても連続日数交信の記録は継続中で、ここまで22カ月連続皆勤賞となり今も記録更新中です。

「ブログ投稿を怠けていながら、無線の交信だけは毎日継続しているのか!」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、ブログ記事の投稿はかなり知的な作業で、精神的に疲弊した状態では困難です。ところが無線の交信(モールス符号などの送受信)は呼吸をするのと同じくらい簡単にできます。極端なことを申せば、疲労困憊で物事を考えられない最悪な状態でもモールス符号の操作は右手が勝手に動いてくれます。

無線の交信は短いもので20秒程度、パソコンを繋いだ文字通信でも1分半程度で交信は成立します。どんなに疲れていてもどんなに眠くても無線通信は息を吸ったり吐いたりするのと同様にカンタンにできるんです(^^)v

-・・・-

-・・・-

10月の31日間のQSLカード交換を伴う交信やコンテストでの有効な交信は416でした。

 

◎10月の交信の周波数別内訳

  1.9MHz    3局

  3.5MHz     41局

   7MHz  157局

  14MHz   15局

  18MHz    1局

  21MHz    5局

  24MHz    1局

  28MHz    2局

  50MHz    7局 

 144MHz   83局

 430MHz  100局

1200MHz    1局

     計   416局

 

全市全郡コンテストや東京CWコンテストに参加したため交信局数は例月に比べて増加しました。

◎10月の交信の電波形式別内訳

 CW     236局

 SSB     19局

 FM      39局  

 FT8    118局

 FT4      4局

     計  416局

10月はCWでのQSOが最も多くなりました。前述のコンテスト参加によるQSOが大半を占めます。

 

◎今月も一覧にしてみました

          CW  SSB  FM  FT8  FT4     計

  1.9MHz   3                         3 

  3.5MHz  30             11         41

    7MHz  97             60       157

   14MHz  15                       15

   18MHz                 1          1

   21MHz   4    1                   5

   24MHz                 1          1

   28MHz   2                        2

   50MHz   7                        7      

  144MHz  41   18       24         83

  430MHz  37        38       21     4  100

 1200MHz             1              1  

   計     236   19   39   118        4  416

 

続いて10月にQSOできた記念局や特殊局です。10月はのべ8局とQSOできました。

◎ 10月に交信した記念局・特殊局(交信した日時の順)

・8N1TC (7/FT8)

・8J8CLN (7/FT8)

・8N1NTT (144/SSB)=全市全郡コンテスト

・8N1NTT (430/FM)=全市全郡コンテスト

・8N2TY/2 (7/CW)=JAG QSO PARTY

・8J3SL/P (3.5/FT8) JCG:23002A

・8N1AQ/P (3.5/FT8)

・8N0CC/0 (3.5/CW)

 

以上が10月の交信実績です。2022年もここまで304日連続交信となりました。残る61日も毎日交信を続け、2年連続皆勤賞を狙いますv(^^)v

ブログの立て直しも・・・(^^)ゝ

ブログ、11月からは立て直しを図りたい・・・

10月は今日で終わりなんですが、業務量の増加と加齢による体力低下により、今月の投稿数は今日を含めてわずか5回です。

2019年は元旦から大晦日まで365日連続投稿し、2020年1月~2022年8月までの32か月間は「奇数の日」には必ず投稿をしていました。

1か月間に5回しか投稿しなくなってしまうとは、8月までは全く予想できませんでした。投稿数が激減しただけでなく、みなさまの投稿記事を読む速度も遅くなり未読記事が増えています。

-・・・-

このように書きますと、急激な衰えの原因は病気なのではないかと心配してくださる方もいらっしゃるかもしれませんが、そのようなことはありませんのでご安心ください。あくまで朝から夕刻までの過密労働や休日出勤の連続で疲弊し、思考力が一時的に低下しているだけなんです。

ブログ記事の投稿のように、思考力を必要とする作業はこの2か月は低迷していますが、もう一つの趣味であるアマチュア無線は特に何も考えず、呼吸をするかのように交信(モールス符号を打ったり聴いたりするだけ)しますので、元日から今日まで苦も無く連続記録は継続できております。無線の交信さえもできなくなってしまったら、その時はかなり心配な状態に陥ったことになりますが、今のところそのような兆しはありません。

-・・・-

数か月前までは、勤め先での業務量も適正な状態で1日、1週間、1か月の生活のサイクルが安定していましたが職場の環境が急激に変わり、その変化に私生活までもが巻き込まれて混乱している状態です。

約4年半にわたって安定してブログ投稿を続けてきましたが、職場環境が少し変わっただけでそれができなくなりました。私生活や趣味は一寸したことが原因であっさりと崩れてしまうことがあるものだと改めて知らされました。

-・・・-

明日から11月。今年も残り2か月です。新しい月を迎え、崩れつつあるブログとの関わりを立て直したいと思っています。11月は投稿を10回は行い、みなさまの記事は少しずつ過去に遡って拝読して参りたいと思います。

 

今日はハロウィーンです。記事を書きながら「渋谷スクランブル交差点のライブカメラを見続けています。

↓ 10月31日は深夜までライブ中継が続くと思います

「渋谷 ライブカメラ」などで検索しますと簡単に見つかります。

朝日新聞1面天気予報、ついにパーフェクト!!

日頃から気になっている腰痛ですが、今日は特に痛みを強く感じましたので業務は午後3時で中断し早退しました。そのシワ寄せで明日以降の業務や作業がツラくなることは十分解ってはいましたが、明日以降のことはあとで考えることにして、今日はとにかく帰宅して横たわることだけ考えていました。

帰宅してゴロリと横たわり、腰をさすりながらプロ野球ドラフト会議の中継のテレビ画面を眺めていましたら傷みが少しずつ和らいできました。

-・・・-

さて、標題の件です。

購読している新聞の朝刊の1面の日付の直下に全国14都市の天気予報が掲載されていますが、14都市全てで晴れ、しかも降水確率0%となる日を待ち望んできました。

昨年4月15日に詳しい内容を投稿しています。

↓ この記事です

saitama-dame.hatenablog.com

 

ブログを書き始めた頃から数年間にわたって、全ての都市の全ての時間帯で晴れの予想で、しかも降水確率0%となる「パーフェクト」の日を待ち続けてきましたが、今朝ついに「パーフェクト」が現われました\(^o^)/

 

↓ ついに出た「パーフェクト」

 

↓ 拡大します

 

昨年4月15日の投稿でも書きましたが、札幌から福岡までの広い範囲で全てが晴れで降水確率0%になるなんて無理だろうと思っていました。、しかし今朝、新聞の1面に目をやると「パーフェクト」天気予報が目に飛び込んできました。嬉しい・・・、というより驚きが先行しました。

-・・・-

この「パーフェクト」天気予報、なんとなくラッキーアイテムにも見えます。これから先は労働環境が多少でも緩和され、ブログ投稿やみなさまの記事へのコメント参加などに復帰できれば嬉しいです。

勤め先の会社で「連鎖退職」発生の予感・・・

中3日での投稿です。疲れが癒えずパソコンに向かう気力が湧いてこない状態が続いており、今日もリハビリ投稿です。みなさまのブログを読みに行く余力が無いのに、独りよがりの記事の投稿だけしているので後ろめたさを感じます。

-・・・-

業務量の増大によりさまざまな事務処理や入荷物品の検品といった業務に遅延が発生しており、その遅延是正のために昨日(土曜日)も出勤でした。

1人では捌ききれない業務量を抱えて青息吐息状態に陥ったのはゴールデンウィーク明けからですので、5カ月くらいこの状態が続いています。

毎週月曜日から金曜日までの平日5日間は、営業担当や製造現場、設計部門からの突然の事務処理案件に翻弄され、その対応に追われ続け、その間に納品の貨物が頻繁に到着し荷降ろしをすることになります。

元々2人必要な業務を1人で何とかこなしていたのが、急激な業務量の増大の影響で平日は目の前の作業をこなすだけで精一杯の状態になっています。

そのため自らの業務は常に後回しで、1週間分の事務作業を一括して土曜日に行うことが半ば定着してしまいました。この状態から早く脱したいと願っています。

-・・・-

30~40才代の若い頃ならば、休日が1週間に1度でも十分ですが、還暦目前で体力は衰え、肩、腰、膝、肘、手首、足首などに痛みを抱えている身ではかなりキツく感じます。本音を申せば週休3日くらいで無理せず働きたいと思っています。

この状態が続けば持病の胃炎や食道炎の悪化や膝関節や手首の関節などの負傷や破壊が予想されますので、来年5月の60才の誕生日を以て退職(引退)したい旨を9月に申し出ました。

-・・・-

会社側からは、私の申し出を概ね認めるとの回答をいただいておりますが、会社側は密かに転職活動をしている若手職員が複数いることを全然掴んでいないようです。

従業員数100名弱のうち、半数は役に立たない役職員で、実質的には50名程度の役職員で業務を繰り回しています。

業務を実際に回している50名のうち、来年70才になる営業担当と来年67才になる営業担当の2名は誰もが退職間近であることは判っています。それに来年60才の私が退職しますと、たくさん在籍している60才代の私よりも年配の職員の間にも退職を意識し始める方が数人現れると思われます。

60才代の職員は、今退職しなくても数年先には辞めることになりますので、仕方のないことだと感じますが、問題は若手のしかも将来を有望視されている数名が揃って退職(転職)することが予想されること。しかも会社側は若手職員たちの動きに全く気づいていない。これは大問題です。

-・・・-

今年3月、経理部のエースだった有能イケメン職員が退職(有力企業に転職)し、そのわずか1名の退職者の穴埋めのために数名もの中年女性職員を採用するなど迷走が続いていますが、向こう1年の間にそのような混乱や迷走が複数の部署で見られることになると予想します。

経営一族の支配の下、高い能力があるばかりに酷使され、罵声を浴び、散々な目に遭いながらも歯を食いしばって頑張ってきた若手職員らが次々と「退職という最強のカード」を切って静かな叛乱を起こす。そんな日が近く訪れるような予感がします。