埼玉在住中小企業勤務ダメ人間の思うところ・・・

日頃言いたくても言えないことを吐露します。不愉快に感じる方は読まないでください。

QSLカード新作が出来上がりました\(^o^)/

5月15日と5月29日の投稿で申し上げました通り、新しいQSLカード1000枚の制作を長野県諏訪市のオノウエ印刷さんにお願いしておりましたが、昨日、完成した1000枚のQSLカードが届きました。

廉価でありながら出来栄えが素晴らしく、しかも納期も速く大満足です。

 

↓ 待ちに待った新作QSLカードが昨日届きました。大喜びで開梱します\(^o^)/

f:id:jh0iam:20210609210544j:plain


↓ ダンボール箱から取り出しました。今回の作成は1000枚

f:id:jh0iam:20210609210620j:plain

 

↓ うーーーん、素晴らしい。オノウエ印刷さんグッジョブ!

f:id:jh0iam:20210609210917j:plain

5月29日の記事と重複しますが、このQSLカードの説明をいたします。

CQ ham radio誌の昭和38年(1963年)5月号と昭和52年(1977年)9月号を並べて撮影した写真を中央に据え、左上に日本アマチュア無線連盟の会員の証であるJARLマーク、右上にコールサインを明示しました。昭和38年5月は私の出生年月で、昭和52年9月はアマチュア局を開局した年月です。

左下にはこの写真の説明文「昭和38年5月生、昭和52年9月開局し今日に至ります。」を加えました。

 

このようなQSLカードは前例がないと思いますがいかがでしょうか?

-・・・-

これまで発行してきたQSLカードもまだ在庫があります。2回目以降の交信の方には新しいQSLカードをお届けしますが、初めての交信の方にはどちらのQSLカードが届くかわかりません(^^) 

↓ 現在発行中の2種類のQSLカード

f:id:jh0iam:20210609211751j:plain

このブログをご覧になられた方は、交信の際に「CQ誌のカード」「二文字局のカード」のどちらかをご指定いただけま~す(^^)


今回新たに作成したQSLカードは1000枚。積極的に交信をしてどんどんQSLカードを発行していきたいと考えております。

アマチュア無線局開設から43年9カ月が経過しましたが、開設80年までは元気に続けたいと割と本気で思っています。