埼玉在住中小企業勤務ダメ人間の思うところ・・・

日頃言いたくても言えないことを吐露します。不愉快に感じる方は読まないでください。

第二海堡上陸が楽しみで「SHIMADAS」で予習してます

5日後に控えた第二海堡」上陸が楽しみで、手元にある「SHIMADAS(シマダス)」という書物では「第二海堡」がどのように紹介されているのか調べてみました。

「SHIMADAS」は公益財団法人日本離島センターが平成16年8月(同19年5月に第2版)に発行した書物。北海道礼文島から沖縄県与那国島までの1000以上の有人島無人島を詳細に紹介する「島の総合ガイド」です。A5判変型・1328頁。厚さは4.5cmもあります。

↓ SHIMADASの表紙

f:id:jh0iam:20181106231953j:plain

↓ 厚さは4.5cmもあります。本文1328頁。

f:id:jh0iam:20181106232127p:plain

この「SHIMADAS」、圧倒的なデータ量と詳細な記述でとにかく驚かされます。10年前に完売となり、新刊の発行が待たれます。当時の販売価格は3000円+消費税ですが、これは安すぎます。

↓ 公益財団法人日本離島センターのサイトでも10年間「完売御礼」とあります

f:id:jh0iam:20181106233834p:plain

昨日もヤフオクでこの「SHIMADAS」が4610円+送料510円で落札されていました。今なお人気のある書物です。

↓ 昨日ヤフオクで落札されていたSHIMADAS

f:id:jh0iam:20181106233604p:plain

さて、SHIMADASの紹介はここまでとし「第二海堡」の記述のある頁を探します。

↓ 関東近海だけでもこれだけの島々の掲載があります

f:id:jh0iam:20181106234153j:plain

↓ 第二海堡は128頁ですね。早速開いてみます。

f:id:jh0iam:20181106234323j:plain

「海堡」は「かいほう」とも「かいほ」とも読みますのでどちらの表記も正しいです。このSHIMADASが刊行された当時は、1日3~4便の渡船が出ていたようですが、平成17年6月30日を以て一般人の上陸は禁止となりました。

上陸まであと5日。本当に楽しみでなりません。悪天候や荒波による航行中止にならないよう、天気予報ばかり気にしています。