埼玉在住中小企業勤務ダメ人間の思うところ・・・

日頃言いたくても言えないことを吐露します。不愉快に感じる方は読まないでください。

仕方がないので、貸金業務取扱主任者の試験でも受けよう

今日は気分が悪いのでブログ記事は簡潔にして早めに休もうと思っています。

何故気分が悪いのかと申しますと、今日職場で「11月中旬に社員旅行がある」と知らされたからなんです(><)

社員旅行・・・・嫌いなんです。嫌いどころか、嫌いで嫌いで嫌いで嫌いで、気が狂いそうになります。11月中旬に社員旅行をやるのなら、10月末で退職しようかとも考えました。

現在の勤め先の会社では、勤続19年目になりますが、数少ない気の合う人々が少しずつ辞めていき、逆にここ数年は嫌いなヤツがどんどん増えてきて、社内では殆ど誰とも会話はしていません。楽しく会話ができるのはお取引先の方々ばかりです。

社員旅行が無いことが、今の勤め先の会社の最大のメリットだったのですが、一昨年、二十数年ぶりに社員旅行が突如復活し、今年もまたやるのだとか・・・。

一昨年の社員旅行は、かなりの人数の職員が参加を拒否し、私も参加しませんでしたが、2回連続で社員旅行不参加とする勇気が無いので本当に困っています。

平気で不参加を表明できる人々が本当に羨ましい・・・・。

社員旅行など、社長や役員に対する接待旅行なんですよね。週末の自由な時間を奪われ、気を遣い、休日出勤手当が支給されない、と悪いことだらけ。今の世の中、社員旅行などといった時代錯誤な行事はどんどん廃止されていっているのに・・・・まさに同族支配会社にありがちな愚挙ですよ・・・。トホホ

-・・・-

そこで、社員旅行が予定されている日程に行われる国家試験を受験して参加できない正当な理由を作り出そうと考えたんです。

そしたら、11月17日(日曜)が貸金業務取扱主任者の試験日であることが判り、受験することにしました。仮に11月15日(金曜)と16日(土曜)を社員旅行にして、半ば強制的に参加させようとした場合は、一応参加はしますが金曜の夜の宴会は、最初の30分間で食事だけ済ませ、酒類は一切飲まず、「明後日、国家試験がありますので、部屋に戻って勉強します」と言い残し宴会場を去ります。

-・・・-

社員旅行の中でも、この宴会は最悪。私などは経営幹部の嫌がらせといいますか、苛めで13年前に役職を解かれてヒラ社員に降格させられていますので、最近入社した若い人たち以外はみな私よりも職位が上位の人たちばかりです。

 

親子ほど歳が離れていて、私が年長者であっても相手が役職者ならば当然相手が上位者です。

Fラン大学出身の役員の前では、六大学出身ヒラ社員の私などゴミみたいな存在です。

私が甲種危険物有資格者でも、何度も乙4類試験に落ち続け、今後も合格できる見込みが無い人が役職者であればそちらが上位者です。

将棋を指せばこの中では負けることはありませんが、社内の地位は底辺です。

社内で唯一、日本経済新聞週刊東洋経済を購読している私でも、週刊少年ジャンプしか購読しない役職者に意見を申し上げることはできません。

社内で唯一、公害防止管理者の有資格者ですが、何も意見を申し上げることはできません。

社内で唯一、作業環境測定士の有資格者ですが、何も意見を申し上げることはできません。

社内で唯一、第一種衛生管理者と衛生工学衛生管理者の2つを併せ持っていますが、何も意見を申し上げることはできません。

社内で唯一の建設業経理士ですが、見下されています。

社内で唯一の運行管理者ですが、蔑まされています。

社内で唯一・・・・・、はぁ・・・・。もういいや・・・・。

 

コテコテの同族支配会社なんかに入りますと、こうした悲劇に見舞われます。私の前に苛めのターゲットになっていた方は数年前に定年退職しましたが、国立大学の一期校出身で公害防止管理者有資格者、化学の知識が凄まじく私は一目も二目も置いていたのですが、私のように非役職者として惨めな立場に置かれていました。

知識のある職員、有能な職員に職位を与えて発言力が増すことを嫌うのが同族支配企業なんです。職位を与えず去勢をし、雑用を中心とした実務を的確にこなす職員として飼い殺しにしていることは、一部の有能な職員ならば相互に分かり合えています。そして、お取引先の方は本当に能力が高いのが誰なのか、本当に優れているのは誰なのか、をしっかりと見抜いています。その点では私は救われる思いがします。

-・・・-

とはいえ、私は社内では末端に位置する最下層職員です。社員旅行の宴会の席で、私よりはるかに若いFランク大学出身の役職者に「おい、お前も呑めよ!」などと声を掛けられることも予想されます。

そんなときにブチ切れて暴力事件など起こさないように、国家試験の勉強を理由に宴会場を速やかに去ります。まぁ、不参加にできればそれが最もいいんですがねぇ・・・。