埼玉在住中小企業勤務ダメ人間の思うところ・・・

日頃言いたくても言えないことを吐露します。不愉快に感じる方は読まないでください。

よし!あと2日勤めれば3連休が待っている\(^o^)/

最初にお詫びを申し上げます。この数日間にこのブログにコメントをお寄せ下さったみなさまへの返信が滞っております。6月以降、勤め先の仕事量が一気に増加し、日中の激務で疲労度、消耗度が高まり、仮眠をとってばかりです。みなさまのコメントはありがたく拝読いたしております。一両日中に返信を書きたいと思っておりますので、どうかお許し願います。

-・・・-

さて、平成から令和に元号が遷り変わるときのゴールデンウィーク10連休が明けてから今週まで、祝祭日が無い週が9週間続きました。しかし、明日(木曜日)と明後日(金曜日)さえ我慢して出勤すれば、3連休が待ってます。\(^o^)/

3連休になったのは、ご存知の通り、7月15日(月曜日)が「海の日」と称する祝日だからなんです。「海の日」が祝日となったのは平成8年(1996年)と、比較的歴史が浅いですし、8月11日の山の日に至ってはまだ制定されたばかりの祝日で、平成28年(2016年)から始まったばかりです。

と、言うことは、平成7年(1995年)以前は「海の日」も「山の日」も祝日ではありませんので、5月5日の「こどもの日」から9月中旬の「敬老の日」まで4か月以上もの長い間祝祭日が無かったことになります。

ただ、児童・生徒・学生には夏休みがありますし、勤め人でも盆休みがある場合が多いので、こどもの日から敬老の日まで週末以外全く休めない人はそれほど多くなかったように思います。

-・・・-

ここで、海の日と山の日に関係するトリビアです。

「海の日」は祝日として制定された当初は、7月20日でした。ところが平成15年(2006年)からハッピーマンデー制度により、7月の第3月曜日に変更となります。それにより、「海の日」は7月15日から7月21日のいずれかにならなければならないのですが、来年(2020年)だけは、東京五輪パラリンピック特別措置法により、「海の日」を7月23日(第4木曜日)にすることになっています。この7月23日は東京オリンピックの開会式前日にあたります。

また、8月11日に固定されているはずの「山の日」も、東京五輪パラリンピック特別措置法により、令和2年(2020年)だけは8月10日(月曜日)に変更されます。この8月10日は、東京五輪の閉会式の翌日に当たります。

 

解りやすくしますと、来年の「海の日」

7月20日(第3月曜日)ではなく 7月23日(木曜日)です。

 

また、来年の「山の日」

8月11日ではなく 8月10日(月曜日)です。

 

まぁ、いずれにしても、今週末の3連休が楽しみです。「海の日」ですので、天候次第ですが、東京23区内唯一の海水浴場である、葛西海浜公園海水浴場にでも行ってこようかと思います。\(^o^)/