埼玉在住中小企業勤務ダメ人間の思うところ・・・

日頃言いたくても言えないことを吐露します。不愉快に感じる方は読まないでください。

軽い熱中症でヘロヘロフラフラのダメ人間

ここ数日気温が高い日が続いていたため、熱中症に気をつけなきゃなぁ~」などと考えていましたが、今日は普段にも増して気温が高い上に、次から次へとお取引先の方が納品や工場の機器類の修理や調整、ガスの充てんなどでお見えになられ、ついつい休息を取り損ね水分補給ができなかったため、午後2時半ころから急に眩暈がし気分が悪くなっておりました。

こんな私でも、衛生工学衛生管理者や第一種衛生管理者の資格を持ち、熱中症になってしまう原因や予防法は学んでおり、常日頃から熱中症にならないように意識はしているのですが、ついつい無理をしてしまうんですよね。

それにもう一つ原因がありまして、私は事務所内の末席、つまり出入口に最も近い席にいますので、来訪される方の殆どは私が応対することになります。

比較的小規模の工場ですので、ビックリするような巨大な物品の納品はありませんが、重さ200kgのドラム缶25本とか塩ビパイプの加工品数十本とか、ステンレスのアンカーボルトなども場合によっては数百キロ単位で入荷することもあり、都度荷下ろし作業をすることになります。

やっとの思いで荷下ろし作業を終え、汗を拭きながら事務所に戻りますと、消しゴムやホチキスの針とかシャープペンシルの芯など文具の納品があり。それを受け取っている最中にまたアルミや鉄の重量工作物が次々に入荷してきます。休息や水分補給がしづらい環境なんです。

工場に付随した事務所で概ね12~13名くらいの人員がいるんですが、そのうち数人は、来訪される方など全く無視。返事をしないどころか振り向きもしない。

一度このブログでも記しましたが、今の勤め先の会社にはどの部署にも「他社では全く使い物にならないポンコツ社員」が3割ほど紛れ込んでいます。

お客さまが来られても無視、仕事を憶えない、単純な仕事をやらせてもデタラメ、同じ間違いを何度も繰り返す、態度がデカイ、一日中雑談。それでも何のお咎めなしなので、ポンコツどもにとってこの職場はまさに桃源郷。居心地よすぎて「ヒャッホゥ~~~~」な状態。ここが今の勤め先の一番の問題点だと思うんです。本当にユルユルでポンコツ社員を甘やかしすぎ。その分周りのまともな人々の負担は増すばかり。

見た目には12~13人いるように見える事務所ですが、実際に働いているのが7~8人ではそりゃキツイですよ。

そんなわけで今日は午後2時半ころから頭がクラクラしていましたが、幸いなことにその時刻以降納品が来なかったので、眩暈や腹痛をガマンしながら軽い事務作業をこなして午後5時に帰宅しました。

こんな状態になりますと、ポンコツ社員どもに対する憎しみが増幅してしまいます。どうしてこの会社はポンコツ社員どもにあんなに甘いのか全くもって不思議です。

明日は今日以上に納品が多いため、なおのこと熱中症に気を付けなければならないです。金曜日ですし気合で乗り切りたいと思います。今夜はまだ調子がよくありませんので早めに就寝です。こんな愚痴をこぼすようなブログでスミマセン・・・。