埼玉在住中小企業勤務ダメ人間の思うところ・・・

日頃言いたくても言えないことを吐露します。不愉快に感じる方は読まないでください。

テレビ朝日「高校野球総選挙」楽しめました

月末月初の業務が多忙で、本来ならば土曜日に休日出勤をしてでも仕事を片付けなければならなかったのですが、昨日はほぼ一日中ポケモンGOばかりやってしまいましたので、今日(日曜日)朝7時から3時間と、午後1時半から2時間半にわたってこっそりと休日出勤し、手許にたまった仕事を片付けてきました。

仕事以外の時間帯はNHK将棋トーナメントを観たり、高校野球(慶應義塾×中越)を観たりして過ごし、夜はテレビ朝日高校野球総選挙」という4時間スペシャル番組を楽しみました。

↓ 番組ホームページより

f:id:jh0iam:20180805224452p:plain

ファン10万人が投票して選んだものですので、比較的最近の選手が選ばれる傾向になるのは仕方ありません。

で、ランキングですが・・・

10位 ダルビッシュ有選手(東北)

9位 清宮幸太郎選手(早実)

8位 桑田真澄選手(PL学園)

7位 王貞治選手(早実)

6位 大谷翔平選手(花巻東)

5位 田中将大選手(駒大苫小牧)

4位 清原和博選手(PL学園)

3位 江川卓選手(作新学院)

2位 松坂大輔選手(横浜)

1位 松井秀喜選手(星稜)

と概ね妥当な結果となりました。

ただ、この番組はあくまで「高校野球」で活躍した選手をランク付けするものなんですが、プロ野球での活躍度合いまでもが評価を左右している面が多少感じられました。

それでも、23位に尾崎行雄選手(浪商=昭和36年夏の優勝投手)が、15位に板東英二選手(徳島商=昭和33年夏の準優勝投手)が、13位に太田幸司選手(三沢=昭和44年夏の準優勝投手)がランクインしていましたので、かなりのオールドファンの方々も投票に参加されたのだろうと思います。まぁ、さすがに嶋清一選手(和歌山・海草中=昭和14年夏の優勝投手)や別所毅彦選手(滝川中=昭和16年春出場)の名は挙がりませんでしたが・・・。

-・・・-

実は私のイチオシの選手は今日のこの番組にはランクインしませんでした。その選手とは、阿久沢毅選手(桐生=昭和53年春準優勝時の主力打者)です。私が中学2年から3年になる春休み中のセンバツで、2本塁打を放ち、そのパワーと打棒で王貞治の再来」とまで評された選手。あまりの凄さで今なお記憶に残っています。

プロ12球団や六大学の各校も熱心に勧誘したものの、阿久沢選手自身はプロ野球に興味がなく、母子家庭という家庭環境や、進学校に通っていたこともあり高校卒業後は地元の国立大学(群馬大学)の教育学部に進学して教師になった選手です。

詳しくは「阿久沢毅選手」のお名前でGoogle検索しますとWikipediaをはじめとする様々な記事を読むことができます。こうした選手がかつていたことを一人でも多くの方に知って欲しいと思っています。