埼玉在住中小企業勤務ダメ人間の思うところ・・・

日頃言いたくても言えないことを吐露します。不愉快に感じる方は読まないでください。

京成電鉄「博物館動物園駅跡」に行ってきましたが・・・

昭和8年の京成本線開業と同時に開業し、老朽化や乗降客数の減少から平成9年に営業休止となり、平成16年に廃止された博物館動物園駅跡」が、昨年の11月23日から来月24日まで、原則として金曜日、土曜日、日曜日に一般公開されていると聞き、今日行ってきました。

が、・・・・・・

午後1時40分ごろ到着しましたら、すでに今日の入場整理券配布は終了しており、入場はできませんでした。事前のリサーチ不足と見通しの甘さが露呈してしまいました。(><)アチャー

↓ 博物館動物園駅跡正面の外観

f:id:jh0iam:20190126233749p:plain

入場はできませんが、外から撮影はできますので、できる限り撮影を試みます。

↓ 駅舎の門標板

f:id:jh0iam:20190126233935j:plain

↓ 拡大します

f:id:jh0iam:20190126234006p:plain

f:id:jh0iam:20190126234025p:plain

f:id:jh0iam:20190126234041p:plain

↓ 正面から向かって左側の面

f:id:jh0iam:20190126234134p:plain

↓ 正面から向かって右側の面

f:id:jh0iam:20190126234210p:plain

↓ 裏側

f:id:jh0iam:20190126234305p:plain

西洋様式の外観に特徴があり、見れば見るほどその美しさに惹かれてしまいます。

↓ 巨大なアナウサギのオブジェ

f:id:jh0iam:20190126234502j:plain

↓ アナウサギの腹部

f:id:jh0iam:20190126234752j:plain

↓ 天井も美しいですね

f:id:jh0iam:20190126234841p:plain

↓ 駅舎に「13-23」。ここは台東区上野公園13番地23号なんですね。

f:id:jh0iam:20190126234957p:plain

↓ カギのシリンダーは美和ロック社製

f:id:jh0iam:20190126235316j:plain

↓ 出入口扉の美しいデザイン。東京芸大日比野克彦美術学部長によるもの

f:id:jh0iam:20190127000015j:plain

2月24日までまだチャンスが残されていますので、次回は駅舎内に入場できるよう努めたいと思います。

さて、駅舎内には入れませんでしたが、私にはもう一つの仮想空間があります。

↓ これです。博物館動物園駅跡のポケストップ!!

f:id:jh0iam:20190127000422p:plain

アバターの目の前にあるのが「博物館動物園駅跡」のポケストップで、道路を隔てて開いているのは「黒田記念館」のポケストップ

↓ ポケストップを回してみます

f:id:jh0iam:20190127000648p:plain

↓ 2回目でギフトが出ました

f:id:jh0iam:20190127000710p:plain

↓ このギフトは先日信玄餅」をくださった地元の親友に贈ります

f:id:jh0iam:20190127000802p:plain

話題には上っていましたが、「博物館動物園駅跡」の人気度がこれほどまでに高いとは驚きでした。甘く見ていたために入場できず反省しています。ただ、外からでもかなり楽しめましたし、アナウサギや独特の天井の撮影もできましたので、全く収穫が無かったわけではありません。次回は駅舎内への入場を目指します。