埼玉在住中小企業勤務ダメ人間の思うところ・・・

日頃言いたくても言えないことを吐露します。不愉快に感じる方は読まないでください。

小遣いもらえるまであと50日! 気分はすでに年末!

明日は「即位礼正殿の儀」で休日。数十年に一度しかないことですので、ありがたくテレビでその様子を拝見したいと思っております。

私は毎年、誰よりも早く年末の到来を感じまして、10月も下旬になりますと、気分はもう年末。勝手に年末年始の連休に思いを馳せてしまっています。

時期的には、将棋の竜王戦が始まると年末を意識しはじめ、プロ野球日本シリーズが始まり、六大学野球が第7週あたりを迎えたり、箱根駅伝の予選会が行われると、年末を強く意識しだして独りで勝手にウキウキしています。仕事も年末年始の連休を気分よく過ごせるように、ヘンな案件を残さないように解決してしまおうと悪知恵を繰り出します。

11月の大相撲九州場所が始まると、気分はいよいよ年末モードになり、会う機会が比較的少ないお取引先の方には「今年もお世話になりました。来年も引き続きよろしくお願いいたします・・・」などと挨拶し始めます。年末年始の連休を指折り数えるこの時期が1年で最も楽しい時期です。

-・・・-

そういえば、昨年(平成30年=2018年)12月29日(土曜日)の日本経済新聞朝刊が手許にあります。毎年の東京証券取引所大納会の翌日や、3月末日の翌日の朝刊だけは手許に残しておき、節目の日の全銘柄の株価をすぐに調べられるようにしているのですが、今はインターネットですぐに調べられますので、新聞を保存しておく必要はないのかもしれません。

また、昨年の12月29日は年末年始9連休の初日でしたので、この日の新聞を見ますと、9連休を迎えた嬉しさを思い出してしまいます。

で、昨年末の新聞にこのような記事が載っていました。

↓ これです

f:id:jh0iam:20191021233240j:plain

「猛暑・豪雨 列島に爪痕」「猛烈な台風発生最多」

これ、昨年末の新聞です。昨年も猛暑や豪雨、台風に悩まされていたんですね。今年は昨年以上の被害が出ていますので、こうした自然災害の発生は珍しいことではなくなってしまったんでしょうか? もうこりごりなんですけど・・・。

-・・・-

年末の楽しみは連休だけではありません。2人の子どもの賞与支給日が12月10日ですので、私は小遣いをいただけます。今日から数えて12月10日まで50日。

2人の子どもは冬の賞与が12月10日、夏の賞与が6月30日の支給と法律や条例で定められていますが、中小同族支配会社に勤める私の賞与は年末ギリギリに微々たる額が支給されるだけです。

昨年の12月の賞与ですが、大卒32年目の私の賞与を、高卒1年目の娘の賞与が上回りました。特にショックはありません。これで遠慮なくお小遣いを受け取れます(^^)