埼玉在住中小企業勤務ダメ人間の思うところ・・・

日頃言いたくても言えないことを吐露します。不愉快に感じる方は読まないでください。

短篇記事~勤め先の忘年会には参加しません

今日は1か月に1度の呼吸器専門医院での診察の日で、久しぶりに東京都内に出かけて参りました。

診察の後にはいくつかのスポットを訪れてブログのネタを持ち帰ってきました。いつもでしたら早速記事を書くところですが、午後6時から11時過ぎまでプロ野球日本シリーズオリックス×ヤクルトの第6戦を5時間以上にわたってテレビ観戦していました。

今日の試合も延長12回にまでもつれた試合でしたが、ヤクルトが粘り勝って20年振りに日本一の座を掴み取りました。

長時間プロ野球中継を観ていましたので、日付けが変わるまであと30分しかありません。

一昨日も同様の状況で、過去記事アーカイブス(計算尺の記事)にさせていただきましたが、今日は短篇ブログとさせていただきたいと思います。

-・・・-

実は勤め先では、12月中旬に忘年会を開催するそうで、3日前に回覧文書が回ってきました。

↓ 回覧文書の一部

f:id:jh0iam:20211127233057p:plain

アハハ、本当に一部だけしかお見せすることができません。

このところ新型コロナウイルス感染拡大が何故か沈静化し、飲食店を利用する際の人数制限等が解除されているものの、まさか忘年会を開催するとは思っていませんでしたので一瞬目を疑いました。すぐに「不参加」と返事をした次第です。

私と同じく、まだ新型コロナウイルス感染拡大が収まったわけではないと考える職員も多く、特に家族持ちの職員の多くは不参加としています。

確かに飲食店利用の際の人数制限が解かれたとはいえ、数十名規模の忘年会を開催するのは時期尚早ではないかと、個人的には思います。

勤め先の会社では、役職員の高齢化がどんどん進行し58才の私でもまだまだ中堅の立場。高齢者特有の持病を抱える職員が多く、私も睡眠時無呼吸症候群逆流性食道炎の2つの疾病を抱えています。

こうした持病を抱える職員は、新型コロナウイルスに感染してしまいますと重症化したり、場合によっては死亡してしまう確率が、持病の無い方に比べてかなり高いはず。ですので日頃より感染しないように細心の注意を払って生活しています。

こうした事情や背景があり、後ろ指を指されようが、陰口をたたかれようが、嫌われようが忘年会には参加できません。

今日の記事はこれだけです。プロ野球日本シリーズも終わったことですし、明日からはしっかりとした記事を投稿するよう心掛けます。

 

あ、日付けが変わる2分前です・・・。ギリギリセーフ・・・。