埼玉在住中小企業勤務ダメ人間の思うところ・・・

日頃言いたくても言えないことを吐露します。不愉快に感じる方は読まないでください。

「今年の漢字」に応募したい5つの漢字・・・・・

毎年この時期になりますと、今年の漢字が気になってきます。

今年の漢字」とは、1995年から始まった公益財団法人日本漢字能力検定協会のキャンペーン行事で、投票(応募)により、その年の世相を表す漢字1文字を決めるものです。

投票(応募)で最も多くの票を集めた漢字が今年の漢字となり、原則として毎年「漢字の日」である12月12日の午後、京都市にある清水寺で発表されます。清水寺貫主(住職)が巨大な和紙に巨大な筆で揮毫する場面をテレビなどでご覧になったことがある方も多いと思います。毎年12月12日が楽しみなんです~(^^)

 

↓ 日本漢字能力検定協会のサイトから気軽に投票(応募)できます

f:id:jh0iam:20201117195253j:plain

 

-・・・-

 

ここで「今年の漢字」キャンペーンが始まった平成7年(1995年)から昨年までの25年間の今年の漢字を振り返ってみましょう。

平成7年(1995年)・・・・

平成8年(1996年)・・・・

平成9年(1997年)・・・・

平成10年(1998年)・・・

平成11年(1999年)・・・

平成12年(2000年)・・・

平成13年(2001年)・・・

平成14年(2002年)・・・

平成15年(2003年)・・・

平成16年(2004年)・・・

平成17年(2005年)・・・

平成18年(2006年)・・・

平成19年(2007年)・・・

平成20年(2008年)・・・

平成21年(2009年)・・・

平成22年(2010年)・・・

平成23年(2011年)・・・

平成24年(2012年)・・・

平成25年(2013年)・・・

平成26年(2014年)・・・

平成27年(2015年)・・・

平成28年(2016年)・・・

平成29年(2017年)・・・

平成30年(2018年)・・・

令和元年(2019年)・・・・

 

こうして振り返りますと、それぞれの年の世相を端的に表していると感じます。大地震があったとか、大規模倒産が重なったとか、猛暑が印象に残ったとか、その漢字を見ると当時のことが思い出されます。また、オリンピックイヤーに「金」が3回も選ばれています。同じ漢字でも得票数が多ければ何度でも「今年の漢字」に選ばれます。

 

-・・・-

 

それでは、「今年の漢字」に私が投票したい漢字5つを記したいと思います。

 

 文字通り「新型コロナウイルス」に支配されてしまった1年

覆 世界中がコロナウイルスに覆われ、人々の口や鼻もマスクで覆われ・・・

 ソーシャルディスタンス、さらに政権や政府と庶民の間にも意識の隔たりが

距 前項の「隔」とほぼ同じ

禍 自然災害が多発した年の「災」とは異なり、こちらの「わざわい」

 

 

この5つの漢字に1票ずつ投じたいと思います。これ以外にも、「枷」とか「煽」とか「闇」とか「堕」とか「獄」とか「鬼」も考えたのですが、1票を投じるほどでもないかな・・・。

-・・・-

ウケ狙いでこの漢字を推そうかと思ったりしましたが・・・

↓ さんずい に 密 いわゆる「3密」ですね・・・(^^)

f:id:jh0iam:20201117211458j:plain

あ、でも、わが国では殆ど使われない漢字だそうで・・・バカバカしいので止めときます。

-・・・-

最後に余談なんですが、今年のようにあまりにも酷い年で、多くの人々がユウウツな気分となり、「鬱」という画数が多い漢字が最多得票となってしまった場合、清水寺貫主(住職)は例年通り、巨大な和紙に巨大な筆で揮毫できるのでしょうか? それともその年に限っては細い筆を用意するのかな??

毎年こんなことばかり考えてマス(^^)