埼玉在住中小企業勤務ダメ人間の思うところ・・・

日頃言いたくても言えないことを吐露します。不愉快に感じる方は読まないでください。

「友人」や「支持者」への不義理を避けたい・・・

※標題の「支持者」という表記ですが、本当は「支持してくださる方々」と書きたかったのですが、タイトル文字数が長くなってしまうため止むを得ず「支持者」としております。

 

6月29日の投稿記事「年間5日の有給休暇取得義務遵守に黄色信号(><)」や、7月5日の投稿記事「毎朝の出勤時刻を正常な状態に戻したい・・・」にも書きましたが、勤め先の会社での業務が今年度に入ってから極めて多忙になり、しかも複雑化しております。

そのため、法令で定められた「年間5日以上の有給休暇取得義務」のクリアが困難になったり、早朝6時半ころから出勤して作業を始めることが常態化し、平日の睡眠時間は5時間を確保できていません。まもなく還暦で体力が落ちている私のような者にとってこれは明らかに睡眠不足。疲れを引きずりながら、常に何かに追われているような感覚で生活している状態が続いています。

-・・・-

こうした事情や背景があり、数か月前までは楽しく投稿記事を書いていたこのブログも、「奇数の日」には睡魔や腰痛と闘いながら書くことになり、結果的に手抜き記事が目立つようになっています。

加えて、投稿記事に対していただきました、みなさまからの温かいコメントやメッセージへの返信が1週間以上遅れ、休日にまとめて返信することが増え、みなさまをガッカリさせることが多くなったのではないかと思い、申し訳なく感じております。

私は「奇数の日」にのみ投稿していますが、毎日欠かさず投稿を繰り返しながら要職に就いて仕事をこなしている方もいらっしゃいます。どうやったらそんなことができるのだろうと不思議に感じます。

ブログを4年以上続け、投稿数も1100回を超えていますので、投稿記事を頻繁にお読みくださり、しばしばコメントを下さる方も何人かいらっしゃいます。こうしたブログを通じて得た「友人」や「支持してくださる方々」に対して長期間返信を保留して不義理を働くようなことだけは避けたいと常々考えております。

-・・・-

そしてもう一つの「支持層」は、私の勤め先の会社をすでに退職した方々で在職中に大変に懇意にしていただいた方々。それとごくわずかながら現在の勤め先の同僚でこのブログに目を通して下さる方々です。

これらの方々は、誠実でしかも実務能力に長けていることが嫉まれたり敬遠された揚げ句、冷遇されたり利用されたりしており、すでに退職して新天地で本来の力を発揮したり、近々退職予定の方で私とは気の合う方々です。この方々とはLINEやメールで情報のやりとりもしていますが、6月以降疲労蓄積のため情報交換が途絶えており、やや義理を欠いています。

中小同族支配企業の独特で奇妙な社風に翻弄された仲間、同士ですので、この方々との交流も大切にしていきたいと考えます。今週末の3連休にはこの方々にLINEなどでコメントを発信したいと思っております。